Vision

Innovation

A3に込められた先進性

先進を、
次のステージへ。

80年代、ドライブデートの風景

1980年代、若者のドライブデートは事前の準備が大変でした。分厚いロードマップをめくって目的地までのルートを頭に叩き込むのはもちろん、その時々の車窓の景色を思い浮かべながら、DJさながらに選曲したオリジナルカセットテープも作りました。東京から相模湖や河口湖に向かうなら、中央道の両側に府中の競馬場とビール工場が見えるタイミングに合わせて、それが歌われているユーミンの“中央フリーウェイ”が流れるように速度を調整。彼女の笑顔を見るために、涙ぐましいまでの努力をしたのです。

大きく様変わりした現代のカーライフ

大きく様変わりした現代のカーライフ

ところが今はどうでしょうか。MMIナビゲーションシステムを装着したAudiなら、手元のダイヤルやタッチパネルで目的地を入力すれば、道路状況や走りやすさを考慮したルートをたちどころに表示してくれます。BGMはスマートフォンにストックしたお気に入りを、ハンドルを握ったまま、シーンや気分に合わせて一発選曲。ワイヤレスでカーオーディオに飛ばして楽しめます。高速道路では、スイッチひとつでクルマが自動的に先行車との安全な車間を保って速度を調整してくれます。

未来を見据えたAudiの技術開発

未来を見据えたAudiの技術開発

Audiは未来を見据えて、自動運転技術とクルマを核にしたネットワーク技術の開発に取り組んでいます。15年以上前に自動運転技術の研究開発を始め、2015年には他の自動車メーカーに先駆けて公道での自動運転実験を成功させました。自動運転システムを搭載したAudi A7 Sportbackのテスト車両は、アメリカのシリコンバレーからラスベガスまでの約900kmを、ドライバーの手を借りることなく走破したのです。
一方、ネットワーク技術に関しても、Audiは最先端を走っています。すでに、信号とクルマが通信してドライバーに青になるまでの時間を知らせるサービスが、アメリカの一部の都市で始まっています。将来的には、クルマが標識や周囲を走るクルマとつながり、情報をやり取りすることで、進行方向の道路状況をいち早く掴んで渋滞を避けたり、見通しの悪い交差点での出会い頭の事故を防いだり、より安全で快適なドライビングが実現されることでしょう。先進技術でクルマを革新してきたAudiは、将来を見据えて、新たなクルマの可能性を模索し続けているのです。

未来を先取りしたAudi A3の先進技術で、さらに快適に

未来を先取りしたAudi A3の先進技術で、さらに快適に

新しいAudi A3には、そんな未来技術の研究成果がフィードバックされています。自動ブレーキシステムの「Audi プレセンスフロント」や「アダプティブクルーズコントロール」を標準装備。さらに、セーフティパッケージとして、渋滞時の速度調整を行いつつ、車線からの逸脱をステアリングの振動と修正方向へのアシストで防ぐ「トラフィックジャムアシスト」や、高速走行時にウインカーを起動せずに走行レーンをはみ出しそうになると、車線内にクルマをとどめるようにアシストする「Audiアクティブレーンアシスト」などの機能を搭載しています。これらの、加減速とステアリングコントロールという複数の操作を同時に制御する機能には、Audiの最新の自動運転技術が活かされているのです。

一方、高速LTE通信でネットワークに接続する最新世代の「Audi connect」は、MMIナビゲーションシステムに統合され、素早く目的地を検索したり、最寄りのガソリンスタンドや駐車場情報、最新ニュースや天気予報などを知ることができます。専任オペレーターとハンズフリーで通話して、目的地のレストランを予約してもらうことも可能です。

未来のカーライフでは常識となる数々の機能が、Audi A3ではすでに実用レベルにあるのです。

*Audi A3 Sedan / Sportbackのセーフティパッケージ、MMIナビゲーションシステム、Audi connectはオプション。

Philosophy | A3に息づくAudiの哲学

Philosophy - A3に息づくAudiの哲学

100年以上前、クルマづくりの理想を追い求め続けたAudiの創業者。その信念は、現在のAudiにも脈々と受け継がれています。最新のA3に息づく、数々のAudiの哲学とこだわりをご紹介します。

Philosophy | A3に息づくAudiの哲学 を見る