革新のイズム イノベーターの暴論

2016.3.4 On Air

Innovator 55

塗れる液体ガラスで建造物を守れ!

ブリッジワード英文

塩田政利

ブリッジワード英文

  • Top
  • 塩田政利

革新を起こすために、貫くべき主義・信念・こだわりとは何か?
技術産業のみならず、福祉や教育、スポーツやカルチャーといったあらゆる分野で挑戦を続ける革新者たちのイズムに迫ります。

世界で初めて常温でガラスの液体化に成功した塩田氏。 建造物に塗るだけで飛躍的に劣化を防ぐという驚異の「液体ガラス」とは?

ブリッジワード英文

このイノベーターの「革新のイズム」を動画で見る

Check this innovator has appeared "Principle of Innovation"

Press the subtitle button to enable English subtitles on the video

Innovator’s Profile

風化する人類の遺産を救う男

ブリッジワード英文

塩田政利

昭和12年 徳島県生まれ
昭和31年 徳島県立川島高等学校卒業
???〃???????非鉄商社入社
昭和39年 日建工学(株)創立参加
昭和47年 同社 常務取締役就任
昭和57年 同社 東証2部上場
???〃???????ウエストミンスター医科大学入学
昭和63年 医学士ライセンス取得
昭和64年 (株)パピア創立
平成3年 ??(株)日興創立
?????????????完全無機質材開発(43アイテム)
?????????????コンクリート劣化防止 国土交通省技術認定取得
?????????????全国80余社代理店組織型成
?????????????一流メーカーとの技術提携15社
?????????????特許取得5件
?????????????C防食工法協会 会長就任
?????????????クリスタルコンクリート協会会長就任
平成16年 同社 相談役就任
?????????????(株)ニッコー創立
平成17年 (財)日本立地センターと業務提携し、表面処理剤研究会設立
?????????????木材の浸透性塗料開発

素材の劣化を防止する「液体ガラス」を開発し、コンクリート構造物や文化遺産を守っている男がいる。彼の名は塩田政利、株式会社ニッコーの代表取締役だ。

「これは木造住宅を1000年もたせる魔法の水」と語るのは株式会社ニッコー代表取締役の塩田政利。

彼は世界で初めてガラスを常温で液体にすることに成功、様々な建造物に塗るだけで飛躍的に劣化を防げるという。

厳島神社でも使われている驚きの「液体ガラス」を紹介、彼の革新のイズムに迫る!

  • ガラスを液体化するには1600度もの高温が必要だが、塩田氏はその常識を覆した。特殊な技術を駆使し、世界で初めて常温での液体化に成功した。
  • 時間が経てば鉄は錆び、コンクリートは風化してしまう。しかし、液体ガラスでコーティングすれば、強度が増し劣化を防ぐことができるという。
  • 塩田氏が開発した液体ガラスを含む防炎剤「ファイアーカット」。これでコーティングした木材は燃えるどころか、無傷で原型をとどめる事が出来る。
  • 木造建築を劣化や火災から守る液体ガラスは、厳島神社にも使用されている。塩田氏の技術は人類が生み出した文化遺産を守り続けるに違いない。

Next Innovator

Innovator 56

Recent Back Number

Topページへ戻る