革新のイズム イノベーターの暴論

2016.9.13 On Air

Innovator 73

新産業革命を起こすマグネシウム合金

Magnesium alloy which will cause a new Industrial Revolution

河村能人

Yoshihito Kawamura

  • Top
  • 河村能人

革新を起こすために、貫くべき主義・信念・こだわりとは何か?
技術産業のみならず、福祉や教育、スポーツやカルチャーといったあらゆる分野で挑戦を続ける革新者たちのイズムに迫ります。

実に70年ぶりとなる新金属をマグネシウムから生み出した河村氏。
人類に新たな産業革命をもたらす可能性を秘めた「クマダイ・マグネシウム合金」とは?

ブリッジワード英文

このイノベーターの「革新のイズム」を動画で見る

Check this innovator has appeared "Principle of Innovation"

Press the subtitle button to enable English subtitles on the video

Innovator’s Profile

新産業革命を起こすマグネシウム合金

ブリッジワード英文

河村能人

国立大学法人 熊本大学 先進マグネシウム国際研究センター センター長
1960年石川県生まれ。
名古屋大学工学部卒、名古屋大学大学院博士前期課程修了後、日本電装㈱(現 ㈱デンソー)研究員。
その後東北大学大学院博士後期課程を修了し、東北大学金属材料研究所の助手と助教授を経て、2000年より熊本大学に着任し、教授を経て、2011年より現職。
2003年より産学官交流会「高性能Mg合金創製加工研究会」を主宰。
現在、日本学術会議連携会員、軽金属学会理事等を兼務。
経済産業省、文部科学省、科学技術振興機構等のプロジェクトを多数実施。
文部科学省科学技術政策研究所「ナイスステップな研究者2012」に選定、本多記念会「本多フロンティア賞」や各種学会賞を多数受賞。
KUMADAIマグネシウム合金と呼ばれる革新的な新材料を開発して、基礎と応用の両面で研究開発を推進している。

世界が望むスーパー金属が誕生した。生みの親は熊本大学の大学院教授、河村能人氏。彼は「18世紀半ばに起きた産業革命が再び起きる」と語った。

「18世紀半ばの産業革命、それがマグネシウムで再び起きる」と語るのは熊本大学大学院教授の河村能人。

彼は地球上に無尽蔵にあるマグネシウムの弱点を克服、軽量でありながらジュラルミンの1.5倍の強度と2倍以上の耐食性を持つ「クマダイ・マグネシウム合金」を開発した。

航空機や鉄道、建築資材など用途に際限がない驚異の金属を紹介、革新のイズムに迫る!

  • マグネシウムから作られる従来の金属は、燃えやすく強度も不十分な為、実用性に乏しかった。しかし、河村氏はそれらの弱点を克服する新金属を生み出した。
  • 河村氏の開発した新金属「KUMADAIマグネシウム合金」。強靭さと不燃性を兼ね備え、実用金属の中で最軽量。さらに材料は海水から無尽蔵に取れる。
  • KUMADAIマグネシウム合金の用途は建築資材から医療器具まで多岐にわたる。また、米ボーイング社と共同で航空機の燃費向上を目指した研究が始まっている。
  • 新金属が登場したのは実に70年ぶり。河村氏はKUMADAIマグネシウム合金を使って、およそ250年ぶりとなる産業革命を起こそうとしている。

Next Innovator

Innovator 74

Recent Back Number

Topページへ戻る