革新のイズム イノベーターの暴論

2016.9.14 On Air

Innovator 74

1300年の伝統技法!ろうけつ染めの革新者

Traditional technique with 1300 years of history! Innovator of batik art

大竹夏紀

Natsuki Otake

  • Top
  • 大竹夏紀

革新を起こすために、貫くべき主義・信念・こだわりとは何か?
技術産業のみならず、福祉や教育、スポーツやカルチャーといったあらゆる分野で挑戦を続ける革新者たちのイズムに迫ります。

1300年の歴史を持つ染色技法「ろうけつ染め」に新風を吹き込んだ大竹氏。
偶然の産物でさえアートに昇華させる驚異の技法とは?

ブリッジワード英文

このイノベーターの「革新のイズム」を動画で見る

Check this innovator has appeared "Principle of Innovation"

Press the subtitle button to enable English subtitles on the video

Innovator’s Profile

伝統技法に革新をもたらした“ろうけつ染め”作家

ブリッジワード英文

大竹夏紀

染色アーティスト
1982年群馬県富岡市生まれ
染色の伝統技法である蝋けつ染めで、絹布に染料で絵画を制作する。描かれる少女は「アイドル」である。偶像である少女の姿に、頭の中にある理想の世界観を映し出している。その世界はキラキラとした光と希望に満ちていて、どこか神聖な世界へとつながっている。
学歴
2006年 多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業。
2008年 多摩美術大学大学院デザイン専攻テキスタイルデザイン修了。
主な展覧会・活動
2010年 個展「Affection of idols 」 DISEL DENIM GALLERY AOYAMA
2010年 2010年度東京モード学園テレビCM起用
2011年 個展「My Affection for Idols」 MICHEKO GALERIE (ミュンヘン)
2011年 合同展「VENTS FRAIS DE L'ART TEXTILE」 Amitiés Tissées (パリ)
2013年 特別展示「大竹夏紀─光をまとった少女たち─」 群馬県立近代美術館
2014年 第11回上毛芸術文化賞受賞(上毛新聞社主催)
2015年 日仏交流事業「絹が結ぶ縁 SOYEUX DESTINS」作品展示 リヨン織物装飾芸術博物館(リヨン)
2016年 個展「大竹夏紀展idea」 富岡市立美術博物館

「現代人の感覚で、現代のモチーフで、現代の作品として昇華させてやるのが、私のアートの特徴」そう語るのは、ろうけつ染め作家、大竹夏紀だ。

「偶然のグラデーションにより想像以上の作品が生まれてくる」と語るのはろうけつ染め作家の大竹夏紀。

彼女は1300年の歴史を持つ染色技法「ろうけつ染め」に現代のモチーフと感覚を吹き込み、CG等では表現できない華やかで繊細な世界観を作った。

グラデーションの芸術で人々を魅了する彼女の作品を紹介、革新のイズムに迫る!

  • ろうけつ染めは、溶かしたロウを使う染色技法で1300年の歴史を持つ。大竹氏は、その伝統の技に新風を吹き込んだ作家として注目を集めている。
  • 溶かしたロウで下絵をなぞり染料を塗る。更に他の色の染料を載せると色が交じり合う。グラデーションの芸術こそが大竹氏の作品最大の魅力だ。
  • 10もの色が混じりあう華やかな世界を、まるで天女のように宙を舞う少女「原色ガール」。この絵は、専門学校のCMにも使われ話題となった。
  • 布と水と染料で織りなす美しいグラデーションの世界、それはCG等では出来ない表現と大竹氏は語る。彼女のろうけつ染めは今もなお進化を続けている。

Next Innovator

Innovator 75

Recent Back Number

Topページへ戻る