Range & Charging

  • Range

    Range

  • Charging

    Charging

Range

航続距離

大容量バッテリーと95kW/hの駆動用の水冷式リチウムイオンバッテリーを備え、航続可能距離は400km以上を実現。減速時に発生する運動エネルギーを、電気エネルギーへ変換するエネルギー回生システムが、高効率なパフォーマンスとロングドライブを可能にします。

Range

Charging

充電性能

何よりも重視したのは、直感的でシンプルなことです。Audi e-tronの充電は、プラグを差し込んで充電するだけ。自宅はもちろん、観光施設、ショッピングモールなど生活圏から目的地まで、全国21,700基の充電スタンドを利用可能。さらに急速充電ステーションの利用なら、30分で航続可能距離約117kmまで充電が出来ます。

Charging

充電時間と走行距離の例

  • 電力量

    (1時間あたりに充電できる電力量)

  • 充電時間
  • 充電時の走行距離
  • 3kW

    普通充電
    (3kWの普通充電ケーブル)

  • 1時間
  • 14km
  • 8kW

    普通充電
    (8kWの普通充電ケーブル)

  • 1時間
  • 37km
  • 50kW

    急速充電器
    (CHAdeMO)

  • 30※1
  • 117km
  • 充電時間、走行距離は目安の数値です。
  • ※1CHAdeMO公共充電器は1回の充電時間が30分に設定されている場合が多いため。

Special Movie

Audi e-tron サポーター
柴咲コウ

女優・アーティストの活動に加え、環境省の環境特別広報大使としても活動中の柴咲コウさん。
今回、彼女にe-tronサポーターとしてAudi e-tron Sportbackを実際に運転していただきそのリアルな印象を語っていただいた他、彼女の協力を得て、サステイナブルな未来へ向けてのスペシャルコンテンツを制作いたしました。

柴咲コウが語る- エネルギーの未来 -

その想像以上の乗り心地やシンプルな充電の方法など、
これまで持っていた電気自動車のイメージを覆されたと語る柴咲コウさん。
「日本は豊かな国。けれど、水も山も森も、どんな資源も無限ではない。」
環境省の環境特別広報大使としても活動する彼女が語った、新世代EVの可能性とは。

スペシャルムービーをもっと見る

e-tron
Charging Service

日本全国で約2万基以上の充電ステーションをカバーする
日本充電サービスの公共充電ネットワークにつながります。

1つの契約で日本全国の充電ステーションにアクセス

myAudiアプリからもWebページ上で充電ステーションを検索することが可能

e-tron Charging Serviceの詳細を見る その他のサービスプログラムを見る

FAQof Range & Charging

e-tronの充電ステーションはどの程度ありますか?

e-tron charging serviceの充電カードを使うことで、全国21,700基*のNCS充電ステーションをご利用いただけるサービスです。詳細は専用ページをご確認ください。
*2020年4月現在

e-tron Charging Serviceについて詳しく見る

Audi e-tron Sportbackの充電時間はどのくらいですか?

普通充電8KWでは1時間で37km程度*、急速充電ステーションを利用した50kW充電の場合では30分で約117km程度*充電されます。
*充電設備、充電環境により充電時間は異なります。

フル充電にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

仮に8kW充電器でバッテリー残量表示0%から充電した場合、実容量86.5kWh ÷ 8kW = 約11時間で満充電となります。

自宅で車を充電するのにどれくらい時間がかかりますか?

充電時間は、実際に使用可能な電力、車両、充電機器、温度など、多くの要因によって変わります。Audi AGは、家庭で充電するためのさまざまなソリューションを提供しています。要望に応じて、Audi AGが推奨する電気工事士がご自宅のガレージの充電施設を確認し、充電機器を設置することも可能です。標準のモバイル充電システムは、最大2.3 kWの充電容量に対応した家庭用コンセントと、最大11 kW*の容量に対応した工業用ソケットの2つの方法で使用できます。後者の場合、バッテリーは約8時間50分で完全に充電されます*。
詳細については、e-tron WebサイトのCharging Time Calculator(充電時間算出装置)を使用することもできます。
*バッテリー充電時間は、周囲温度、他の国固有のプラグの使用、およびプリエアコン機能の使用(車両のリモート制御空調など)等のさまざまな要因によって異なる場合があります。家庭用プラグを使用する場合、充電電力はe-tron充電システムによって制限されます。

おおよそ50パーセントの充電残量の時に急速充電での充電時間がどれくらいかかりますか?

一般的に充電時間の計算方法は【電池容量÷充電出力】で計算できます(効率等を考えない計算方法なので、正確ではありません)。e-tronのバッテリーの実用領域は86.5kWhですので半分は約43kWh、そのバッテリーを50kWの急速充電で充電する場合、43kWh ÷ 50kW = 0.86時間かかります。但し、一般的に急速充電は80%以降、スピードが劇的に落ちる(e-tron除く)ことに加え、e-tronは85%まで充電し、その後ストップします。また、NCSの急速充電器は30分の使用に限られますので、急速充電器での満充電は現実的でないです(どのメーカーも)。

標準装備されているバッテリー充電器を使用して家庭で充電した場合、夜間充電だけで満タンになりますか?

計算を簡単にするために満充電時に400km走行可能、毎日100km運転され、3kWのケーブルで充電するケースと仮定します。容量の4分の1を充電するため、充電する容量は86.5kWh x 25% = 21.6kWhです。21.6kWhを3kWで充電することになり、21.6kWh÷3kWで約7.2時間の充電時間となります。つまり夜間充電で対応可能です。 ※あくまで効率を無視した場合です。

急速充電器では、およそどの位の時間で満充電できるのでしょうか。

あくまでも計算上ですが、効率やe-tronの急速充電が85%で停止すること、NCSの充電時間の制約などを無視した場合、バッテリーの実用領域 86.5kWh ÷ 充電出力 50kW = 1.73時間になります。

充電時間が夏と冬で変わるのはなぜですか?

充電容量は、バッテリー内で発生する化学反応に伴う温度によって変わります。

外気温が変動しても、電気モーターの始動は問題ないでしょうか。

バッテリーの作動温度は-28℃~+60℃になります。
外気温がそれ以上低い場合に、バッテリーの温度が作動温度以下になった場合は暖気が行われます。バッテリー温度が作動温度内に入り次第走行することが可能になります。

e-tronの充電料金はいくらくらいですか?

Audiではe-tronのオーナー様向けに、分かりやすく変動のない月額プランをご用意しております。詳細はe-torn charging serviceのプラン情報ページをご確認ください。

e-tron Charging Serviceの充電プランを見る

e-tron Charging Serviceに登録しなくても充電することはできますか?

登録カードが不要な公共の無料充電ステーションや、クレジットカードの事前登録のみ、現金支払いが可能な充電ステーションもあります。ただ多くの場合、専用プランなどの登録が必要で、登録不要の場合でも充電料金は割高になってしまうため(料金は各充電スタンドにより異なります)、e-tron Charging Serviceへのご登録がお勧めです。

e-tron Charging Serviceについて詳しく見る

バッテリーの容量はどれくらいですか?

バッテリーの総容量は95 kWhで、正味容量は86.5 kWhです。

車両の個々の電力消費数値はどこで確認できますか?

車両の電力消費量などは、MMIおよびmyAudiアプリで確認できます。

バッテリーは大きいですか?

はい。そのサイズと重量は、長さ= 2150 mm、幅= 1630 mm; 重量= 725kg サイズはクイーンサイズのベッドマットレスとほぼ同じです。

車両を完全に充電した後に、走行可能距離表示が、WLTCに基づく公表値にならないのはなぜですか?

ガソリン車の燃費同様、実際に表示される走行可能距離は公表値と異なります。表示される走行可能距離は、バッテリーの充電レベル、現在の温度条件、最近の消費量に左右されます。
特に、走行可能距離は次の要因の影響を受けます。
・熱条件(寒い/暑い)運転/速度
・タイヤの種類(例:冬用タイヤ)
・路面状況(雨/雪)
・追加の電装品(ヒーター、シートヒーター、リヤウィンドウヒーター、エアコンなど)
・負荷(乗員、荷物)
・横風と向かい風

バッテリーが完全に上がる前に、どのくらいの警告がありますか?

システムは、バッテリーが完全に放電するのを防ぎます。バッテリーが完全に放電する前に、バッテリーは自動的にオフになります。もちろん、対応する警告が事前にディスプレイに表示されます。

バッテリーが上がることはありますか? また、上がってしまった場合の対処法はジャンプスタート等あるのでしょうか?

バッテリー上がりは起こり得ます。ジャンプスタートはありません。その場合はレッカーで充電施設に運び充電することになります。

バッテリーが上がっても車両側充電ソケット接続部のパネルは開きますか?

ボンネット内に各給電パネル(左右)を開くエマージェンシーケーブルが各々備わっていますのでそれで開くことが可能です。

充電は最大まで行った方が良いですか?

リチウムイオン電池の能力維持のためには、なるべくバッテリーの電気容量を100%や0%にせず、中央付近(20~80%)で維持することで、バッテリーを最も効果的に維持できます。

私は平日1日あたり約60 km運転します。バッテリーを毎日充電する方が良いですか、それとも週に1回だけ充電する方が良いですか?

必要以上に頻繁にバッテリーを充電しないことをお勧めします。充電レベルは20%から80%に保つことで、バッテリーを最も効果的に維持できます。

容量の損失を最小限に抑えるために、バッテリーを充電するおよび取り扱う上での推奨事項は、何かありますか?

バッテリーは、車両の耐用年数全体を前提として設計されています。毎日使用する場合は、充電目標を80%に設定することをお勧めします。これにより、経済的な充電プロセスとなり、バッテリーの寿命を可能な限り長くすることができます。

バッテリーの容量がかなり減少したと感じたら、どうすればいいですか?

バッテリーの容量については、Audi正規販売店に診断を依頼してください。詳細については、Audi正規販売店にお問い合わせください。

バッテリーの容量が、どこまで低下すると機能しなくなりますか?下限はありますか?

バッテリーは、車両の耐用年数全体を前提として設計されています。バッテリーが機能しなくなる容量の制限というものはありません。

リチウムイオンバッテリーの交換インターバルは何年ぐらいですか。

交換インターバルは指定されていません。充電容量は徐々に減りますが車両のライフサイクルと同様の期間必要な性能を維持します。

バッテリーの寿命、交換・メンテナンスタイミングはどれくらいですか?

Audi e-tronの高電圧バッテリーには、新車保証の一つとして「高電圧バッテリーの保証」を標準で付与しております。新車納車日より8年間、もしくは走行距離160,000kmまでであれば、既定の充電容量を下回った場合、無償で修理を行っております。詳細は「Audi e-tron 保証プログラム」のページをご確認ください。

サービス・保証について詳しく見る

Audiではバッテリーのリサイクルはどのように行われますか?

電気自動車の心臓部として、当社のバッテリーは、一貫して最高品質と安全性に重点を置いて設計されており、車両の耐用年数全体にわたって使用できます。
現在、欧州においてはプラグインハイブリッドモデルや生産前のAudi e-tron車両などから返却されたバッテリーはリサイクルしています。日本においては現在バッテリーのリサイクルは行われておらず、使用済みバッテリーは法律に基づき適切に廃棄されていますが、今後バッテリーのリサイクルに関しても検討していきます。

充電設備はどのような種類がありますか?

公共の充電設備は大きく分けて2種類、普通充電器と急速充電器があります。Audi e-tronは、CHAdeMO方式の充電設備がご利用いただけます。またご自宅やマンションへの充電設備を設置することも可能です。それぞれの充電時間は、下記の「充電時間と走行距離の例」をご確認ください。

充電時間と走行距離の例を見る

Audiは、自宅の充電設備として、どんなものを推奨していますか?

充電時間を優先される方には8kWを推奨します。8kWの場合、3kWに比べ約2.5倍充電速度が速くなるためです。一方、家庭の充電設備設置に必要な工事費用を最低限に抑えたい方は3kWを利用されることを推奨します。

自宅に充電器を設置せず、標準装備のケーブルだけでe-tron lifeは送れますか?

日常的に走行する距離が100km以内の方は、3kW充電器で7時間程度充電を行うことで補充電が可能なため、標準装備のケーブルで十分なe-tron lifeが送れます。
自宅でなくても、会社に200VのEV用コンセントや専用回線がある場合は、標準装備のケーブルを使用頂けます。

サードパーティ製の充電機器で車を充電できますか?

AUDI AGがAudi電気自動車を使って試験および検証したAudi e-tron充電機器を使用することを強くお勧めします。
未検証の充電ハードウェアでAudi電気自動車を充電すると、誤動作や互換性の問題が発生する可能性があります。

Audiの標準およびオプションの充電機器を使用して他メーカーの車両を充電することもできますか?

Audiの標準およびオプションの充電機器は、Audi車両だけに使用することをお勧めします。この機器は、Audi e-tron専用に開発され、最適化されています。

90kWの急速充電ステーションなのに、e-tronが50 kWでしか充電しないのはなぜですか?

e-tronの急速充電は最大50kWです。90kWの急速充電器でも充電することは可能ですが、出力が車両の最大値、つまり50kWに制限されます。

Audi e-tron Sportbackは地下駐車場でも充電できますか?

そのような場合でも、アクセス制限はありません。量産モデルに採用されている充電技術は、バッテリーを過充電できないようになっているため安全です。さらに、最新のリチウムイオン電池はガスを放出しません。

Audi充電機器は屋外での使用に対応していますか?

はい。Compact充電システムは、一般に屋外でも使用できます。
情報:充電システムを夏季に直接日光の下で使用すると、日射と充電プロセスによって発生する熱が原因で、充電電力が低下する場合があります。

雨天時でも、屋外での充電は可能ですか?

はい、開閉パネルにはゴムパッキンが備えられています。
コネクター部も絶縁対策がしっかりとられていますので雨天時も充電可能です。
ただ、濡れた手で充電器を取り扱わない、濡れたプラグを差し込まない等ご注意いただくことが必要です。

車両から一般家庭に電気供給は可能ですか?また車内でAC100V使用は可能ですか?

一般家庭への電源供給はできません。
また、車内でのAC100Vコンセントは備わっておりません。12VシガーソケットとUSB端子のみになります。

ワイヤレス充電の可能性はありますか?

いいえ、現在のところ、Audi e-tronはワイヤレスで充電できません。

すでに200Vコンセントが自宅にある場合でも、別回線が必要になりますか?

経産省が規定する充電のガイドラインは、耐抜差性能が高いEV専用コンセント及び充電用の専用回線が必要と規定しています。専用回線を引かない場合、容易にブレーカーが落ちる、または熱を発生させる可能性があります。

バッテリーを充電中、補助エアコンは作動しますか?

バッテリーの充電中でも、充電タイマーを使用して車内のエアコンを操作することが可能です。エアコンの出力は、電源コネクションの性能に依存します。

充電プロセス中に充電状態は更新されますか?

充電中に、充電状態、残りの充電時間、残りの走行可能距離が更新されます。myAudiポータルでビューを更新するとすぐに、更新されたデータが表示されます。myAudiアプリでデータを開くか、車両がデータを送信すると、データが自動的に更新されます。

myAudi経由で充電プロセスを停止できますか?

いいえ、即時充電と遅延充電の切り替えのみ可能です。出発タイマーがかなり先の日程となっている場合、充電は一時停止されます。

充電ケーブル接続時のロックはドアロックと連動されるのでしょうか?

充電ケーブルはドアロックに連動されません。(ケーブルのロック解除方法は、AC充電とDC充電で異なる)充電ソケットのフラップはドアロックに連動しているが、鍵を持っている人がフラップの近くに居るとフラップの開閉が可能です。

充電コネクターの接続を遮断できない場合、どうすれば充電ステーションから車両の接続を外すことができますか?

普通充電器(AC充電)の場合は、車両の充電ソケット付近にあるエマージェンシーロック解除ケーブルを引くことにより解除できます。急速充電器(DC充電)の場合は、充電器の管理会社へご連絡ください。

バッテリーの生産に使用されるエネルギーには、再生可能エネルギー源を使用されているのですか?

Audi e-tronバッテリーの組み立てが行われるブリュッセル工場は、Audi e-tronの生産に合わせて全面的な近代化が図られました。カーボンニュートラルとして認定されたプレミアムセグメントの世界初の大規模生産工場です。Audiブリュッセルは、製造中および工場で発生するすべての排出物を再生可能エネルギー(約95%)に転換するか、環境プロジェクト(約5%)で相殺します。
さらに、将来的には、バッテリーセルのサプライヤーに対して、セル生産において再生可能エネルギーを使用するよう求めていく予定です。Audi e-tronのセル生産における再生可能エネルギーの活用は、すでに始まっています。CO2は、将来の供給契約の重要な部分になります。

e-tronの充電料金はいくらくらいですか?

Audiではe-tronのオーナー様向けに、分かりやすく変動のない月額プランをご用意しております。詳細はe-torn charging serviceのプラン情報ページをご確認ください。

e-tron Charging Serviceの充電プランを見る

e-tron Charging Serviceの充電カードを使用しない場合、充電時間にもよると思いますが一回の充電で費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

NCSネットワーク内で充電する場合、急速充電は利用時間1~5分まで250円、以降50円/分です。普通充電は利用時間1~15分まで120円、以降8円/分です。また、充電する度に登録をする必要があり、その登録に10分ほどかかると言われています。

リモートチャージサービスは、どのような機能ですか?

このサービスにより、myAudiポータルまたはアプリ(myAudiアプリ/ MMI 接続アプリ)を介して、e-tronの充電プロセスを便利に活用することできます。即時充電と遅延充電を切り替えることができます。
前提条件は、車両が外部電源に接続されていることです。このサービスは、現在の充電状態、残りの充電時間、残りの走行可能距離に関する情報も提供します。リモートチャージサービスを使用するには、myAudiで登録する必要があります。認証も必要です。

リモートチャージサービスで、希望する充電状態を50%未満に設定できますか?

いいえ、希望する充電状態は50%から100%の間(10%ステップ)でのみ設定できます。

リモートチャージサービスはAC充電でのみ機能しますか、それともDC充電でも機能しますか?

日本仕様 e-tron のリモートチャージサービスはAC充電でのみ機能します。

バッテリーの修理はできますか、それともバッテリーは常にアッセンブリー交換ですか?

バッテリーは修理できます。バッテリーのアッセンブリー交換は、例外的な場合だけです。詳細については、Audi正規販売店にお問い合わせください。

e-tronディーラーを探す

Back to TOP