Sustainability

  • Carbon-neutral

    Carbon-neutral

  • mymizu

    mymizu

  • Resource conservation

    Resource conservation

Carbon-neutral

カーボンニュートラルな製造へ

世界中でさらなる持続可能なモビリティを実現するカギとなるのが、e-モビリティです。Audiは2025年までに30種類の電動化モデルを提供するという目標を掲げています。そのうちの20種類は周囲にまったくCO₂ を排出しない電気自動車になります。Audiにとってe-モビリティは、より持続可能であり地球温暖化を考慮した中心的存在なのです。

Carbon-neutral

mymizu

マイミズとのパートナーシップ

Audiは持続可能性の実現に向けて取り組んでいます。2025年までに同社の二酸化炭素排出量の30%削減を目標に掲げています。その一環として、Audi Japanはユーザーと無料給水スポットを結びつけるスマートフォンアプリを提供する「mymizu」と、パートナーシップを締結。使い捨てペットボトル100万本の消費削減を目指して、ともに推進していきます。

mymizu

Resource conservation

Audiの考える資源保全とは

サステイナビリティは、Audiの企業戦略の中核を担っています。それは、エコロジカル・フットプリント(=人による生態系リソースの消費量)を減らすためです。例えば、すべてのAudi工場で廃水をまったく生み出さずに車両を製造したり、使用済み部品を総点検して元の品質の部品を生産したり、高電圧バッテリーの賢明な二次利用を考えたりなど、できることを継続的に取り組んでいます。目標は自己完結型循環経済ーーつまり削減し、再利用し、再循環を実現させることです。

Resource conservation

Special Movie

Audi e-tron サポーター
柴咲コウ

女優・アーティストの活動に加え、環境省の環境特別広報大使としても活動中の柴咲コウさん。
今回、彼女にe-tronサポーターとしてAudi e-tron Sportbackを実際に運転していただきそのリアルな印象を語っていただいた他、彼女の協力を得て、サステイナブルな未来へ向けてのスペシャルコンテンツを制作いたしました。

柴咲コウが語る- サステイナブルな世界 -

柴咲コウさんが、その美しい景色を楽しむかのようにAudi e-tron Sportbackで大自然を走り抜ける。
「今は、このままでは持続的に生きてはいけないよねという気づきの時代。電気自動車を選ぶだけではなく、他にもできることがたくさんあるはず。」
サステイナブルな未来を目指す自身の胸の内を語る。

スペシャルムービーをもっと見る

Lineup

Audi e-tron Sportback 55 quattro 1st edition 13,270,000円

最高出力 300kW

航続可能距離*1 405km

Audi e-tron 50 quattro 9,330,000円

最高出力 230kW

航続可能距離*1 316km

Audi e-tron Sportback 50 quattro 11,430,000円*2

最高出力 230kW

航続可能距離*1 318km

*1 数値はWLTCモードでの一充電走行距離。一定の条件下の計算値であり、実際の走行時には、お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じ変動します。
*2 表示価格は、Audi e-tron Sportback 50 quattro S lineの価格です。

Back to TOP