Innovator’s Profile
中村俊裕
中村俊裕

コペルニクの共同創設者兼CEO。
ラストマイルの人々にシンプルで革新的なテクノロジーを届けるため、2010年コペルニクを共同創設。国際開発、経営コンサルティング、アカデミック分野での幅広いキャリアの中で、このアイデアを進めるようになる。過去10年間は国連に勤務し、東ティモール、インドネシア等世界各国を拠点にガバナンス改革、平和構築、自然災害後の復興などに従事し、シエラレオネでは政府のアカウンタビリティー強化、透明性増大のため、「開かれた政府」プロジェクトの発案、立ち上げを行い、また同時にコペルニクの準備も進めた。国連の前職はマッキンゼー東京支社で経営コンサルタントとして活躍。京都大学法学部卒業、英国ロンドン経済政治学院で比較政治学修士号取得、また大阪大学大学院国際公共政策研究科で招へい准教授も務める。2012年には世界経済会議(ダボス会議)のヤング・グローバル・リーダーに選出。同会議の持続可能な開発における「グローバル・アジェンダ委員会2014-2016」における「持続可能な開発」委員も勤めている。さらに2014年には、ユニセフの「インドネシア・イノベーション・ラボ」のアドバイザーとなった。著書に「世界を巻き込む。」がある。