Innovator’s Profile
横井浩史
横井浩史

電気通信大学大学院情報理工学研究科教授,脳科学ライフサポート研究センター長兼務.博士(工学)。
1963年生まれ。北海道大学工学部精密工学科を卒業後、トヨタ自動車に入社.本社生産技術開発部,操舵系の設計及び生産システムに関する研究開発に従事。 2年ほどで退職し,1993年,北海道大学大学院工学研究科精密工学専攻後期博士課程修了,通産省工業技術院生命工学工業技術研究所(現・独立行政法人産業技術総合研究所)に入る。
95年、北海道大学大学院工学研究科助教授、2004年、東京大学大学院工学系研究科助教授などを経て、09年より現職。
軽量筋電義手の開発をはじめ、社会生活、とくに福祉分野で役立つ柔軟でインテリジェントな機械システムを目指し、人と機械の相互反応系をテーマに研究を続けている 。