Innovator’s Profile
丸々もとお
丸々もとお

夜景評論家/夜景プロデューサー/イルミネーションプロデューサー
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事

1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。1992年『東京夜景』上梓。日本でも唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始める。「夜景」の美しさを景観学、色彩心理学などをベースに評論する等、夜景の本質を浮き彫りにする独自の「夜景学」の構築に取り組んでいる。夜景に関する著書は50冊以上。近作に、「亜細亜ノ夜景」(河出書房新社)、「夜城」(世界文化社)、「最新版日本夜景遺産」(河出書房新社)等がある。 神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、足利市、広島県等で夜景観光アドバイザーを歴任。「夜景検定(夜景鑑賞士検定)」及び「イルミネーション検定」総監修。日本初の工場夜景クルーズを手がけ「かながわ観光大賞」を受賞。イルミネーションプロデュースに「アパリゾート上越妙高サマーイルミネーション」「門司港レトロ」「小倉イルミネーション「スペースワールド」「ハウステンボス」「東京ドイツ村」「長崎グラバー園ウインターイルミネーション」「周南冬のツリーまつり」「奧日光雪まつり」「ぐんまフラワーパーク「いくとぴあ食花イルミネーション」等。ライトアップに「出島」「大浦天主堂」(国宝)、中町教会、北九州アイアンツリー等多数。※商標登録『夜景評論家』第4408194号※照明コンサルタント(社団法人照明学会認定)※ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使