Innovator’s Profile
合田圭介
合田圭介

東京大学大学院理学系研究科 教授
内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) プログラムマネージャー

1974年札幌生まれ。カリフォルニア大学バークレー校物理学科を首席で卒業。マサチューセッツ工科大学物理学科博士課程修了(理学博士)。2012年より現職。カリフォルニア大学ロサンゼルス校工学部を兼任。先端光技術を基軸とした分野横断型研究において世界のトップランナーである。新規の研究分野および産業(特にグリーンエネルギーと医療)の開拓と価値観の創造に取り組んでいる。グローバルな環境での研究開発を通じて、理系分野でのグローバル・リーダーの育成に力を入れている。2014年に、ダボス会議として知られる世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーに選出された。また、同年の雑誌AERAの特集記事「日本を突破する100人」の一人に選出された。数々の国内・海外の賞を受賞。