Innovator’s Profile
篠原真毅
篠原真毅

京都大学 生存圏研究所・教授
1968年千葉生まれ。京都大・工・電子卒、同大大学院工学研究科博士課程修了.同年・同大超高層電波研究センター助手を経て,2010年同大生存圏研究所教授となり現在に至る.専門は無線電力伝送, 宇宙太陽発電所, マイクロ波プロセッシング.現在 経済産業省委託事業太陽光発電無線送受電技術委員会 委員長, IEEE MTTS TC-26 Vice Chair, IEEE MTTS Distinguish Microwave Lecturer, International Journal of Wireless Power Transfer (Cambridge Press) Executive Editor, 電子情報通信学会WPT研委員長, 日本電磁波エネルギー応用学会副理事長, ワイヤレス電力伝送実用化コンソーシアム代表, ワイヤレスパワーマネージメントコンソーシアム代表他。著書に「Wireless Power Transfer via Radiowaves (Wave Series)」「宇宙太陽発電 (知識の森シリーズ)」「ワイヤレス給電技術 (設計技術シリーズ)」「マイクロ波化学」「エネルギーハーベスティング」他。