Innovator’s Profile
宮保克行
宮保克行

1980年石川県生まれ。高岡短期大学産業造形学科木材工芸専攻を卒業後、家具工房で3年間働いたのち、木工の仕事から離れ、福井県の酒蔵で蔵人として7年間働くが、脳性麻痺の男性との出会いをきっかけに、2010年から箸factory宮bowとして手の不自由な人のための箸の製作を始める。 その取り組みがBBC NEWS(英国放送協会)やPBS(タイ国営放送)でも紹介される。
最近では、韓国で開催された「東アジア文化都市2015箸フェスティバル」に招待作家として箸を出品。さらに、平成28年度の中学校の理科の教科書でも生活をサポートする技術としてその箸が掲載される。