Innovator’s Profile
深堀隆介
深堀隆介

1973年、愛知県生まれ。1995年、愛知県立芸術大学美術学部デザイン専攻学科卒業。2000年、制作に行き詰まったとき、飼っていた金魚に初めて魅了された体験を「金魚救い」と呼び、金魚を描きはじめる。2002年、器の中に樹脂を流し込み、金魚を描く技法を見出し、作品を発表する。2007年、横浜にアトリエ「金魚養画場」を開設。2011年ロンドンでの個展時に樹脂の制作工程を紹介したプロモーションビデオを配信したところ、世界中で話題になる。
日本国内だけではなく、香港・ドイツ・ロンドン・ニューヨークなど、ギャラリーや美術館で展示を多数開催。また、ライブペインティングや金魚が見える空間でのインスタレーションなど、金魚を通じて多彩な表現を試みている。