Innovator’s Profile
長谷川良平
長谷川良平

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門
ニューロテクノロジー研究グループ・研究グループ長
1997年 京都大学大学院理学研究科博士過程卒(京大霊長類研究所にて神経生理学を専攻、理学博士)。 米国国立衛生研究所などの研究員を経て現在、産業技術総合研究所人間情報研究部門ニューロテクノロジー研究グループ長。意思決定の脳内機構に関する基礎的研究と、脳内意思解読による外部機器制御(ブレイン-マシン インターフェース=BMI)に関する応用開発に取り組んでいる。2010年、重度の運動機能障がい者の「生活の質」向上を目的とした脳波による意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」の試作開発に成功。その社会的インパクトは大きくTBS『夢の扉+』を始め各種メディアで度々、その開発の様子が紹介されている。2011年から福井大学(連携大学院)客員教授を兼務。