Innovator’s Profile
小西聡
小西聡

立命館大学 理工学部教授、バイオメディカルデバイス研究センター長
東京大学電子工学科卒業(1991年)、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(1996年)、博士(工学、東京大学)取得(1996年)。博士課程在学中に日本学術振興会特別研究員(DC1)。学位取得後、立命館大学機械工学科講師着任(1996年)、同助教授(1999年)、同教授(2006年)、現在に至る。
専門は、MEMS・マイクロマシン。特に動くマイクロマシンやバイオシステムに関心をもち、人工筋肉マイクロアクチュエータや細胞とマイクロマシンを融合した“細胞ーグ”マイクロマシンを創って、バイオメディカル分野への応用に取り組んでいる。 医薬工連携に関して、2007年より滋賀医科大学客員教授を兼任、また京都大学薬学研究科連携教授兼任の経験も有する。MEMS・マイクロマシン分野の国際会議IEEE(米国電気電子学会)MEMS2007実行委員長を務めるなど国際的な活動も多く、カリフォルニア工科大学の研究員、ブリュッセル自由大学およびハーバード大学のVisiting Professorの経験も有する。国際学術論文誌IEEE Journal of Microelectromechanical Systemsをはじめ複数の論文誌のEditorも務めている。 受賞歴に、2010年IEEE EDS Kansai Chapter of the Year Awardや2007年 社団法人電気学会 電気学術振興賞 著作賞、2007年 日刊工業新聞社 モノづくり連携対象特別賞の受賞などがある。