#FutureIsAnAttitude

CADAN ROPPONGIpresented by Audi

六本木ヒルズ内の六本木 Hills caféにて、
現代アーティスト10名の作品を展示及び販売をする
期間限定のアートギャラリー
「CADAN ROPPONGI presented by Audi」を開催。
日本の現代美術シーンを牽引する
一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN)、そして株式会社MAGUS(マグアス)両社協力のもとで、
これまでにない本格的な
現代アートギャラリーを実現いたしました。
今回はAudiのデザインヘリテイジでもある
初代Audi TT Coupé、
そしてアーティストの大山エンリコイサム氏と特別コラボレーションした
Audi最新のフラッグシップ電気自動車
Audi e-tron GTを展示しております。

イベント概要

主催
アウディ ジャパン 株式会社
イベント名称
CADAN ROPPONGI presented by Audi
一般公開
2021年10月22日(金) - 11月3日(水・祝)
営業時間
11:00 - 21:00(最終入場20:30)
※イベント実施日は17:30 - 20:00はクローズいたします。
※営業時間につきましては、社会情勢や感染状況により変更させていただく可能性がございます。
開催場所
六本木ヒルズ Hills café/Space (六本木ヒルズ内:ヒルサイド2F)
住所
東京都港区六本木6-10-1
入場料
無料

Special Movie:

アートワークに込めた想い
大山エンリコイサム×CADAN ROPPONGI presented by Audi

CADAN ROPPONGI presented by Audiに展示されるオリジナルラッピングが施されたAudi e-tron GT。
このラッピングのデザイン《FFIGURATI #341》を手掛けたアーティスト・大山エンリコイサム氏が、このアートワークに込めた想いを語りました。

YouTubeで動画を見る

Interview:Enrico Isamu Oyama

今回アウディ最高峰の電気自動車Audi e-tron GTとのコラボレーションで、スピード感あふれる新作《FFIGURATI #341》を制作した美術家・大山エンリコイサム氏にアートワークが生まれた背景や、制作プロセス、そしてエアロゾル・ライティングを軸に表現の幅を広げ続けるご自身の制作への姿勢などを聞きました。

インタビューの詳細を見る
Photo ©︎ Collin Hughes

出品アーティスト/作品ご紹介

CADAN所属ギャラリーが推薦する、新進気鋭の現代アーティスト10名の作品を展示

出品アーティスト/作品を詳しく見る

WEB映画上映

「CADAN ROPPONGI presented by Audi」開催を記念して、アートコレクターの世界を垣間見ることができる映画『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』のWEB上映を実施いたします。作品は10月30日(土)以降に専用ページからご覧いただけます。

上映作品
『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』
ご鑑賞方法
10月30日(土)以降 本サイトにてご案内いたします。

作品概要

『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』は、実在するニューヨークの現代アートコレクター、ヴォーゲル夫妻を追った感動のドキュメンタリー作品。夫のハーブは郵便局員、妻のドロシーは図書館司書。二人の楽しみは現代アートを収集すること。公務員のふたりがいかにして膨大なコレクションを築いたのか?― その秘密を明らかにしながら、次第に“ほんとうに豊かな人生”のあり方を浮き彫りにしていく。お金儲けのためではなく、ただひたすら二人三脚で好きなモノを集めてきたふたりの姿は、発見する喜びと夫婦愛に満ちている。アートの知識なんてなくても、彼らの人生に触れれば、ほんの少し世界が変わって見えるはずだ。

全米各地の国際映画際で最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞を受賞。ニューヨークで17週間のロングラン、全米60を超える都市の100以上の映画館や美術館で公開。日本では全国51館で公開し、異例の5万人以上を動員。監督はニューヨーク在住の日本人女性ジャーナリスト、佐々木芽生。(上映時間:87分)

協力:一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN)

日本現代美術商協会(CADAN)は、現代美術の発展に寄与することを目的に2015 年7月に一般社団法人として発足しました。6年目を迎えた現在は、東京、高崎、名古屋、大阪、神戸、京都の現代美術を扱う50軒のギャラリーが加盟しています(設立10年以上が正会員、設立3年以上が準会員)。この度、アウディ様との協働で、現代アートギャラリー「CADAN ROPPONGIpresented by Audi」が実現しました。CADANに加盟するギャラリーと共に、選りすぐりの若手現代アーティストたちの作品と対面し、そのエネルギーを直に感じていただく場を設けられたことを大変嬉しく思っております。

CADANは徐々に活動の幅を広げ、昨年はメンバー有志38軒が参加した展覧会を主催し、CADAN ARTCHANNELを開設、7月には有楽町ビル内にギャラリースペース「CADAN有楽町」をオープンしました。アートファンはもちろん、近隣で働く方々に様々なギャラリーの存在と同時代を生きる作家の作品を知っていただき、より身近な美術体験を提供していきたいと考えています。また、税制をはじめ、日本におけるアートの普及のために解決していかなければならない課題を行政に提言したり、アーティストや美術市場におけるさまざまな動向や問題意識をメンバー間で共有する活動も行っています。今後も、企業や行政との協働を通して、現代アートの最先端を発信していきます。

企画運営:株式会社MAGUS

寺田倉庫株式会社、三菱地所株式会社、株式会社TSIホールディングス、東急株式会社の共同出資により、2021年3月に設立。「アートで日本をもう少し素敵に」をビジョンに掲げる。
2022年1月に、インターナショナルアートメディア「ARTnews JAPAN」をローンチ予定。情報発信を通じて、現代アートのプラットフォームを構築することを目指します。アートを通して人々が社会を語り合い、お気に入りの作品を自宅に飾ることが日常となり、アートへの取り組みが企業の品格を表わすような社会の変革に貢献します。

https://magus-corp.jp/