先進技術で安全、快適な走りを実現し続けるAudi

Audiは2000年代初頭から、本格的に自動運転技術の開発に取り組んできました。2015年にはアメリカ西海岸からラスベガスまで、約900kmの公道を自動運転で走破する実験にも、世界で初めて成功しています。Audiの自動運転車は、車線や障害物を正確に認識するのはもちろん、周囲のクルマと譲り合って安全に走行するマナーさえも備え、確かな技術を証明しています。
そして現在のAudiに採用されている数々の先進技術は、ドライビングの楽しさと快適さを損なうことなく、本当に必要な場面ではしっかり乗員を守る、高い精度と自然な動作を実現しました。各種センサーがクルマの周囲の状況を常に注視し、走行時はもちろん、駐停車時や降車時まで、乗員の安全をフォローします。そしてひとたび危険が迫れば、警告灯やアラーム、自動ブレーキやステアリングアシストで事故を可能な限り回避できるように働くのです。

乗員を見守り安全に導くAudiの数々の先進機能

Audiの先進技術は、発進から走行中、夜間や雨天時、駐車、降車時の安全確認や視界確保、自動ブレーキやステアリングのアシストなど、ドライブ中のあらゆるシーンに目を光らせています。どれほど気をつけていても、人間は死角に潜む危険の見落としや一瞬の不注意、不適切な操作などのミスから逃れられません。Audiの先進機能はそれを的確にサポート。安全で快適なカーライフを実現します。
※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。

ドライビング機能

カテゴリー選択へ戻る

セーフティ機能

カテゴリー選択へ戻る

パーキング機能

カテゴリー選択へ戻る

ナイトドライビング機能

カテゴリー選択へ戻る

インフォテインメント機能

カテゴリー選択へ戻る