現在のモータースポーツ活動

いよいよフォーミュラEにワークス参戦。
DTMへのワークス参戦も継続しながら、日本国内レース参戦チームをサポート

Audi Sportのモータースポーツ活動は、2017年冬から新しいフェイズを迎えます。12月2日に香港で2017/2018年シーズンが開幕する、電気自動車によるレースシリーズ、フォーミュラEへのワークス(メーカー自身が運営するチーム)参戦が、いよいよ始まります。参戦チームをAudiが支援する形で2014/2015年シーズンから始まった挑戦は、2016/2017年シーズンのドライバーズタイトルに結実しました。ドイツメーカー初のワークス参戦となる今シーズンは、ニューマシンのAudi e-tron FE04で、ドライバーズ、メイクス(メーカー)の両タイトル制覇を目指します。また、市販車がベースのAudi RS 5 DTMによる、DTM(ドイツツーリングカー選手権)へのワークス参戦も継続。日本国内のレースに参戦するプライベートチームへの支援も、引き続き注力していきます。

ワークス参戦

フォーミュラE(FIAフォーミュラE選手権)

フォーミュラEは2014/2015年シーズンから始まった、世界初の電気自動車によるFIA公認レースシリーズです。シーズンは年度をまたいだ冬から夏。排ガスを出さず、騒音も少ないことから、主に市街地のコースで開催されます。給油の代わりにレース中の車両の乗り換えがあり、観客とドライバーが交歓するファンブーストと呼ぶ機会が設けられるなど、これまでのレースにない見どころがあります。Audiでは、シリーズ初年から参戦したチームABTシェフラーを支援。2016/2017年シーズンには、ルーカス・ディ・グラッシ選手がドライバーズタイトルを獲得しました。2017/2018年シーズンからは、その栄えあるチームの運営主体となり、ワークスチームのAudi Sport ABTシェフラーとして、ニューマシンの Audi e-tron FE04で参戦します。

Audiは、2014年に初のプラグインハイブリッド車のAudi A3 e-tronや、2016年にはV6ディーゼルエンジンとquattroを搭載した世界初のプラグインハイブリッド車のAudi Q7 e-tron*を発表しました。さらに2018年には、初の市販型電気自動車となるSUV*の発売を予定しています。以後、2025年までに20車種以上の電気自動車とプラグインハイブリッド車を市場に投入する予定です。Audiのハイブリッド車には、ルマン24時間レースを制した初のディーゼルハイブリッド車、Audi R18で培った電動化技術が息づいています。フォーミュラEへの挑戦も、極限のモータースポーツの舞台で技術を磨き上げてきたAudiの伝統通り、市販型電気自動車に活かされるのです。
*日本国内未導入。市販型電気自動車SUVの日本導入時期も未定です。

Team Audi Sport ABT Schaeffler
(チーム・アウディスポーツ・アプト・シェフラー)

Audiにも部品を供給する大手サプライヤーのシェフラー社と、長年Audiでレース活動をしてきたABT社を運営主体としたチームABTシェフラーは、フォーミュラE参戦以来の3シーズンで、シリーズ最多記録となる通算24回(2016/2017年シーズン終了時点)の表彰台を獲得してきました。AudiのワークスチームとなるAudi Sport ABT シェフラーは、その高い技術力やチーム運営力をそのまま受け継ぎます。ドライバーは2016/2017年 シーズンにドライバーズチャンピオンに輝いた、ブラジル人のルーカス・ディ・グラッシ選手と、24歳の若さながら、4回の表彰台を獲得したドイツ人のダニエル・アプト選手。0-100km/h加速3.5秒、最高速225km/hの俊足で市街地のコースを駆けるニューマシン、Audi e-tron FE04の活躍にご期待ください。

DTM(ドイツツーリングカー選手権)

ドイツを中心に、欧州各国で9戦が開催されるDTM(Deutsche Tourenwagen Masters)は、街を走る市販車と同じモデルが競い合うことから、大変人気があるシリーズです。Audi Sportでは、スポーツクーペのAudi RS 5をベースとしたマシンでこのシリーズに挑み、2016年シーズンにはマニュファクチャラー(メーカー)とチームの2部門を制するなど、多くの勝利を挙げてきました。2017年シーズンも、フルモデルチェンジを遂げたばかりのAudi RS 5でワークス参戦。美しいフォルムに逞しいエアロパーツを纏ったマシンが、ファンを沸かせています。

プライベートチームへのサポート

Audi Sportでは、Audi車でレースに参戦している世界のプライベートチームを支援しています。車両やパーツの供給のほか、エンジニアによる技術的なアドバイスなど、勝利のためのさまざまなアシストを通してAudi車の活躍の場を拡げ、ファンの声援に応えています。2017年シーズン、日本ではスーパーGT選手権に参戦する2チームのAudi R8 LMSを、2016年シーズンに引き続きアウディジャパンと本社のカスタマーレーシング担当部門がサポート。さらにスーパー耐久シリーズでも、2017年シーズンから新設されたST-R(第二戦からはST-TCR)クラスに参戦する2チームのAudi RS 3 LMSをサポートしました。

SUPER GT

スーパーGT選手権は日本有数の観客動員数を誇る、国内最高峰のツーリングカーレースシリーズ。2017年シーズンは、国内外の17車種がエントリーしています。GT500とGT300の2カテゴリーがあり、国際レースカテゴリーのFIA-GT3規定に沿ったAudi R8 LMSは、GT300クラスで世界の名車と激戦を繰り広げています。

Audi Team Hitotsuyama

1990年代から日本のツーリングカーレースに参戦している有力チーム。2011年からAudi R8 LMSのユーザーとなり、2012年からはスーパーGT選手権のGT300クラスに参戦。2014年にアウディジャパンとパートナー契約を結び、サポートを受ける。2016年シーズンは優勝1回をふくむ6回の入賞を遂げ、チーム、ドライバーランキングともに3位を獲得。外国車としてはトップの成績を収めました。2018年シーズンは7シーズン目となるリチャード・ライアン選手と、新加入の富田竜一郎選手が選手権に挑みます。

Team TAISAN SARD

日本有数の歴史を持ち、ともにルマン24時間レースへの出場経験もあるTeam TAISANとSARDのジョイントによる注目チーム。2016年からAudi R8 LMSでスーパーGT選手権のGT300クラスに参戦し、3回の入賞を果たしました。2018年シーズンはともに20代の山田真之亮選手と川端伸太朗選手に顔ぶれを一新。豊富なノウハウと歴戦の実力にフレッシュな才能が加わり、今後が期待されています。

スーパー耐久 ST-R(ST-TCR)クラス

改造範囲の少ない、市販車に近いマシンが3時間以上、長いレースでは9時間ものデッドヒートを繰り広げる日本独自のスーパー耐久シリーズは、前身であるN1耐久シリーズの時代から、25年以上もの歴史と高い人気を誇ります。2017年シーズンからは、国際ツーリングカーシリーズとして2015年に始まり、2016年には世界18カ国で10戦が開催されたTCRカテゴリーに準じるST-Rクラスを新設。4月29日にスポーツランド菅生で開催される第二戦からは、ST-TCRクラスの名で競われます。Audi RS 3 LMSは外国車としてはいち早く、2チームが参戦しています。

Audi Team Dream Drive

スーパー耐久参戦のために、京都で結成された若きレーシングチーム。田ケ原章蔵選手(写真左)、白坂卓也選手(写真左から2人目)、竹田直人選手(写真右)、奥村佳之選手の4人が交代でAudi RS 3 LMSのステアリングを握ります。ツインリンク茂木で開催された第一戦では、早くもポールポジションを獲得。レース中のアクシデントで優勝は逃したものの、今後が期待される挑戦者です。

バースレーシングプロジェクト(BRP)

世界に通用するレーシングドライバーの育成も目指すBRPは、2011年シーズンからスーパー耐久に参戦し、1500cc以下のST-5クラスでは4年連続チャンピオンを獲得。ドイツのニュルブルクリンク24時間耐久レースでのクラス優勝の経験もある強豪チーム。チーム代表でもある奥村浩一選手(写真左)と、学生ドリフト全国大会でも活躍した経験を持つ22歳の秋吉圭選手(写真中央)が、ニューマシンでの闘いに挑みます。

ページの先頭へ