FAQ

e-tronという名前にはどういう意味がありますか?

e=Electric(電気)。
tron=Audiが作った動力源を指す造語になります。

e-tronは何人乗りですか?

Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback S、Audi e-tron GT quattro / RS e-tron GT、Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronは、すべて5人乗りで、折りたたみ式のリヤベンチシート(2+1リヤシート)を標準装備しています。

カラーバリエーションはどんなものがありますか?

Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback Sでは8色(モデルによっては7色)、Audi e-tron GT / RS e-tron GTでは9色、Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronでは8色の車両カラーをご用意しています。
詳しくは、e-tronのラインアップ一覧からご確認ください。

ラインアップ一覧でカラーバリエーションを見る

マトリクスLEDヘッドライトとはどんな装備ですか?

システムの制限内で刻々と変わる走行状況に適応しカメラが対向車や先行車を検知すると、配光を自動制御し、その部分だけハイビームをカットして周囲に迷惑をかけることなくハイビームを利用することが可能となります。高精細、高解像度な照射を行い、極めて明るく正確に路面を照らし出し、安全性と利便性に大きく寄与。さらに、ダイナミックに光が動くインディケーターは、目にも鮮やかなアクセントによって視認性を高め、クルマが曲がる方向へと光のパルスを生み出します。

マルチカラーアンビエントライティングとはどんな機能ですか?

お好みのカラーチャートの中から選び、車内を自分好みに彩ることができるインテリア機能です。アウディドライブセレクトのそれぞれのモードに合わせたカラーも設定できます。

どのくらいのラゲッジスペース(積載量)がありますか?

e-tronモデルのラゲッジスペース(積載量)は下記のとおりです。
・Audi e-tron / e-tron S:660ℓ
・Audi e-tron Sportback / e-tron Sportback S:616ℓ
・Audi e-tron GT quattro:405ℓ
・Audi RS e-tron GT:350ℓ
・Audi Q4 e-tron:520ℓ
・Audi Q4 Sportback e-tron:535ℓ
また、Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback S、Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronのテールゲートには「オートマチックテールゲート」を標準装備(Advanceモデル、S lineモデルのみ)。両手がふさがっていてもリヤバンパーに足をかざすだけでテールゲートを開けることができ、重いスーツケースなども楽々収納。容易に荷物の積み込みができます。

Audiが自社で駆動用のモーターを生産しているのですか?

はい。駆動用モーターは、ハンガリーのジュールにあるAudi生産工場で内製しています。

車両登録後に、航続距離を伸ばすアップグレードは可能ですか?

いいえ、それは不可能です。最初からバッテリーのフル容量をお客様に提供しています。

ハイブリッドとPHEVと電気自動車の違いは何でしょうか?

ハイブリッドとPHEVは、共に内燃機関と電気で動くモーターを搭載した車で、その違いは外部から充電できるかどうかです。
PHEVのPは「プラグイン」の頭文字で、外部充電もできることを指します。
電気自動車は内燃機関を積まず全てを電気でまかなう車を指します。

e-tronの充電ステーションはどの程度ありますか?

e-tron Charging Serviceの充電カードを使うことで、全国21,700基*の株式会社e-Mobility Power提携の充電ステーションをご利用いただけます。e-tron Charging Serviceについての詳細は専用サイトをご確認ください。

*2021年11月末時点(普通充電器約15,000基+急速充電器約6,700基)

e-tron Charging Serviceについて詳しく見る

e-tronのバッテリーの容量はどれくらいですか?

e-tronモデルのバッテリーの総容量/正味容量(実用領域)は下記のとおりです。
・Audi e-tron 50 / e-tron Sportback 50:71kWh/64kWh
・Audi e-tron 55 / e-tron Sportback 55 / e-tron S / e-tron Sportback S:95kWh/86.5kWh
・Audi e-tron GT quattro / RS e-tron GT:93.4kWh/84kWh
・Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tron:※国土交通省の認可後、ご案内いたします。

e-tronの充電時間はどのくらいですか?

一般的に充電時間の計算方法は【正味容量÷充電出力】で概算できます(効率等を考えない計算方法*なので、正確ではありません)。
あくまでも計算上ですが、Audi e-tron 50 quattro(正味容量64kWh)でバッテリーを0%から100%まで充電する場合を例にすると、標準装備されている3kW充電用ケーブルを使用した場合、約21.3時間(= 実用領域64kWh ÷ 3kW)、専用の8kW普通充電用ケーブルを使用した場合は約8時間、急速充電器(50kW)を使用した場合、約1.3時間で完全に充電されます。
その他、モデル別の詳細な充電時間については、e-tron Webサイト内のシミュレーターで試算することもできます。

*バッテリー充電時間は、実際に使用可能な電力、車両、充電機器、温度、プリエアコン機能の使用(車両のリモート制御空調など)等、さまざまな要因によって変動します。
*e-Mobility Powerの急速充電器(CHAdeMO)は30分の使用に限られます。

充電時間シミュレーターを見る

急速充電器では、およそどの位の時間で満充電できるのでしょうか。

あくまでも計算上*ですが、効率やe-tronの急速充電が85%で停止すること、急速充電の時間制約などを無視した場合、Audi e-tron 55 quattro / e-tron Sportback 55 quattroではバッテリーの実用容量 86.5kWh ÷ 充電出力 50kW = 1.73時間(約1時間44分)、Audi e-tron 50 quattro / e-tron Sportback 50 quattroではバッテリーの実用容量 64kWh ÷ 充電出力 50kW = 1.28時間(約1時間17分)です。
但し、一般的に急速充電は80%以降、スピードが劇的に落ちることに加え、Audi e-tron 50 / e-tron 55では85%まで充電し、その後ストップします。また、ほとんどの急速充電器は1回の充電時間の上限が30分ですので、一般的に、実用領域25kWh(= 50kw × 0.5時間)以上の充電を、1度の急速充電で行うことは現実的ではありません。
その他、モデル別の詳細な充電時間については、e-tron Webサイト内のシミュレーターで試算することもできます。

*バッテリー充電時間は、実際に使用可能な電力、車両、充電機器、温度、プリエアコン機能の使用(車両のリモート制御空調など)等、さまざまな要因によって変動します。

充電時間シミュレーターを見る

充電は最大まで行った方が良いですか?

リチウムイオン電池の能力維持のためには、なるべくバッテリーの電気容量を100%や0%にせず、中央付近(20~80%)で維持することで、バッテリーを最も効果的に維持できます。

自宅でe-tronを充電するのにどれくらい時間がかかりますか?

Audiでは、自宅での充電用にシンプルな操作で充電を可能にする普通充電用ユニット「e-tron Charging Kit」をご用意しています。
Audi e-tron 50 quattroを例にすると、標準装備されている3kW充電用ケーブルを使用した場合、約28.3時間(= 実容量86.5kWh ÷ 3kW)、専用の8kW普通充電用ケーブルを使用した場合は約8時間で完全に充電されます*。
その他、モデル別の詳細な充電時間については、e-tron Webサイト内のシミュレーターで試算することもできます。
なお、充電器の設置をご検討の場合、ご自宅や職場でAudiの電気自動車の充電が可能か、また設置する場合のおおよその費用がどれくらいかを調べることができる「充電器設置事前チェック」をご用意しております。

*バッテリー充電時間は、実際に使用可能な電力、車両、充電機器、温度、プリエアコン機能の使用(車両のリモート制御空調など)等、さまざまな要因によって変動します。

充電時間シミュレーターを見る
充電器設置事前チェックをする

リモートチャージサービスは、どのような機能ですか?

このサービスにより、myAudiポータルまたはアプリ(myAudiアプリ / MMI 接続アプリ)を介して、e-tronの充電プロセスを便利に活用することができます。即時充電と遅延充電を切り替えることができます。
前提条件は、車両が外部電源に接続されていることです。このサービスは、現在の充電状態、残りの充電時間、残りの走行可能距離に関する情報も提供します。リモートチャージサービスを使用するには、myAudiで登録する必要があります。認証も必要です。

リモートチャージサービスで、希望する充電状態を50%未満に設定できますか?

いいえ、希望する充電状態は50%から100%の間(10%づつ)でのみ設定できます。

リモートチャージサービスはAC充電でのみ機能しますか、それともDC充電でも機能しますか?

日本仕様のe-tronのリモートチャージサービスはAC充電でのみ機能します。

標準装備されているバッテリー充電器を使用して家庭で充電した場合、夜間充電だけで満タンになりますか?

計算を簡単にするため*に『Audi e-tron 50 quattroが満充電時に300km走行可能、毎日100km運転され、3kWのケーブルで充電するケース』と仮定します。容量の3分の1を充電するため、充電する容量は64kWh x 33.3% = 約21.3kWhです。21.3kWhを3kWで充電することになり、21.3kWh÷3kWで約7.1時間の充電時間となります。つまり夜間充電で対応可能です。

*バッテリー充電時間は、実際に使用可能な電力、車両、充電機器、温度、プリエアコン機能の使用(車両のリモート制御空調など)等、さまざまな要因によって変動します。

充電時間が夏と冬で変わるのはなぜですか?

バッテリー内で発生する化学反応に伴う温度変化によって、利用可能な充電容量が変動するためです。

外気温が変動しても、電気モーターの始動は問題ないでしょうか。

バッテリーの作動温度は-28℃~+60℃です。
外気温が低く、バッテリーの温度が作動温度以下になった場合は暖気が行われます。バッテリー温度が作動温度内に入り次第走行することが可能になります。

e-tronの充電料金はいくらくらいですか?

Audiではe-tronのオーナー様向けに、分かりやすく変動のない月額プランをご用意しております。詳細はe-tron Charging Serviceのプラン情報ページをご確認ください。

e-tron Charging Serviceの充電プランを見る

e-tron Charging Serviceに登録しなくても充電することはできますか?

登録カードが不要な公共の無料充電ステーションや、クレジットカードの事前登録のみ、現金支払いが可能な充電ステーションもあります。ただ多くの場合、専用プランなどの登録が必要で、登録不要の場合でも充電料金は割高になってしまうため(料金は各充電スタンドにより異なります)、e-tron Charging Serviceへのご登録がお勧めです。

e-tron Charging Serviceについて詳しく見る

車両の個々の電力消費数値はどこで確認できますか?

車両の電力消費量などは、MMIおよびmyAudiアプリで確認できます。

バッテリーは大きいですか?

はい。Audi e-tron 55 quattroを例にすると、そのサイズと重量は、長さ= 2150 mm、幅= 1630 mm、重量= 725kg サイズはクイーンサイズのベッドマットレスとほぼ同じです。

車両を完全に充電した後に、メーターに表示される走行可能距離表示が、WLTCに基づく公表値(一充電走行距離)にならないのはなぜですか?

ガソリン車の燃費同様、実際に表示される走行可能距離は公表値と異なります。これは、メーターに表示される走行可能距離が、バッテリーの充電レベル、現在の温度条件、最近の消費量に左右されるためです。特に、走行可能距離は次の要因の影響を受けます。
・熱条件(寒い/暑い)
・運転方法(加速の回数/強度)
・タイヤの種類(例:冬用タイヤ、ホイールサイズ)
・路面状況(雨/雪)
・追加の電装品(ヒーター、シートヒーター、リヤウィンドウヒーター、エアコンなど)
・負荷(乗員、荷物)
・横風と向かい風

バッテリーが完全に上がる前に、どのくらいの警告がありますか?

システムは、バッテリーが完全に放電するのを防ぎます。バッテリーが完全に放電する前に、バッテリーは自動的にオフになります。もちろん、対応する警告が事前にディスプレイに表示されます。

バッテリーが上がることはありますか? また、上がってしまった場合の対処法はジャンプスタート等あるのでしょうか?

バッテリー上がりは起こり得ます。ジャンプスタートはありません。その場合はレッカーで充電施設に運び充電することになります。

バッテリーが上がっても車両側充電ソケット接続部のパネルは開きますか?

ボンネット内に各給電パネル(左右)を開くエマージェンシーケーブルが各々備わっていますのでそれで開くことが可能です。

私は平日1日あたり約60 km運転します。バッテリーを毎日充電する方が良いですか、それとも週に1回だけ充電する方が良いですか?

必要以上に頻繁にバッテリーを充電しないことをお勧めします。充電レベルは20%から80%に保つことで、バッテリーを最も効果的に維持できます。

容量の損失を最小限に抑えるために、バッテリーを充電するおよび取り扱う上での推奨事項は、何かありますか?

バッテリーは、車両の耐用年数全体を前提として設計されています。毎日使用する場合は、充電目標を80%に設定することをお勧めします。これにより、経済的な充電プロセスとなり、バッテリーの寿命を可能な限り長くすることができます。

バッテリーの容量がかなり減少したと感じたら、どうすればいいですか?

バッテリーの容量については、e-tronディーラー(Audi正規ディーラー)に診断を依頼してください。詳細については、e-tronディーラーにお問い合わせください。

e-tronディーラーを探す

バッテリーの容量が、どこまで低下すると機能しなくなりますか?下限はありますか?

バッテリーは、車両の耐用年数全体を前提として設計されています。バッテリーが機能しなくなる容量の制限というものはありません。

リチウムイオンバッテリーの交換インターバルは何年ぐらいですか。

交換インターバルは指定されていません。充電容量は徐々に減りますが車両のライフサイクルと同様の期間必要な性能を維持します。

バッテリーの寿命、交換・メンテナンスタイミングはどれくらいですか?

Audi e-tronの高電圧バッテリーには、新車保証の一つとして「高電圧バッテリーの保証」を標準で付与しております。新車納車日より8年間、もしくは走行距離160,000kmまでであれば、既定の充電容量を下回った場合、無償で修理を行っております。

Audiではバッテリーのリサイクルはどのように行われますか?

電気自動車の心臓部として、バッテリーは一貫して最高品質と安全性に重点を置いて設計されており、車両の耐用年数全体にわたって使用できます。
現在、欧州においてはプラグインハイブリッドモデルや生産前のAudi e-tron車両などから返却されたバッテリーはリサイクルしています。日本においては現在バッテリーのリサイクルは行われておらず、使用済みバッテリーは法律に基づき適切に廃棄されていますが、今後バッテリーのリサイクルに関しても検討していきます。

充電設備はどのような種類がありますか?

公共の充電設備は大きく分けて2種類、普通充電器と急速充電器があります。Audi e-tronは、CHAdeMO方式の充電設備がご利用いただけます。またご自宅やマンションへの充電設備を設置することも可能です。
なお、充電器の設置をご検討の場合、ご自宅や職場でAudiの電気自動車の充電が可能か、また設置する場合のおおよその費用がどれくらいかを調べることができる「充電器設置事前チェック」をご用意しております。

充電器設置事前チェックをする

Audiは、自宅の充電設備として、どんなものを推奨していますか?

充電時間を優先される方には8kWを推奨します。8kWの場合、3kWに比べ約2.5倍充電速度が速くなるためです。一方、家庭の充電設備設置に必要な工事費用を最低限に抑えたい方は3kWを利用されることを推奨します。
なお、充電器の設置をご検討の場合、ご自宅や職場でAudiの電気自動車の充電が可能か、また設置する場合のおおよその費用がどれくらいかを調べることができる「充電器設置事前チェック」をご用意しております。

充電器設置事前チェックをする

自宅に充電器を設置せず、標準装備のケーブルだけでe-tron lifeは送れますか?

日常的に走行する距離が100km以内の方は、3kW充電器で7時間程度充電を行うことで補充電が可能なため、標準装備のケーブルで十分なe-tron lifeが送れます。
自宅でなくても、会社に200VのEV用コンセントや専用回線がある場合は、標準装備のケーブルを使用頂けます。

サードパーティ製の充電機器で車を充電できますか?

AUDI AGがAudi電気自動車を使って試験および検証したAudi e-tron充電機器を使用することを強くお勧めします。
未検証の充電ハードウェアでAudi電気自動車を充電すると、誤動作や互換性の問題が発生する可能性があります。

Audiの標準およびオプションの充電機器を使用して他メーカーの車両を充電することもできますか?

Audiの標準およびオプションの充電機器は、Audi車両だけに使用することをお勧めします。この機器は、Audi e-tron専用に開発され、最適化されています。

90kWの急速充電ステーションなのに、e-tronが50kWでしか充電しないのはなぜですか?

Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback Sの急速充電は最大50kWです。90kWの急速充電器でも充電することは可能ですが、出力が車両の最大値、つまり50kWに制限されます。
また、Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronは最大125kW、Audi e-tron GT quattro / RS e-tron GTは最大150kwの急速充電に対応しています。

e-tronは地下駐車場でも充電できますか?

そのような場合でも、アクセス制限はありません。量産モデルに採用されている充電技術は、バッテリーを過充電できないようになっているため安全です。さらに、最新のリチウムイオン電池はガスを放出しません。

Audi充電機器は屋外での使用に対応していますか?

はい。一般に屋外でも使用できます。
なお、充電システムを夏季に直接日光の下で使用すると、日射と充電プロセスによって発生する熱が原因で、充電量が低下する場合があります。

雨天時でも、屋外での充電は可能ですか?

はい、開閉パネルにはゴムパッキンが備えられています。
コネクター部も絶縁対策がしっかりとられていますので雨天時も充電可能です。
ただ、濡れた手で充電器を取り扱わない、濡れたプラグを差し込まない等ご注意いただくことが必要です。

車両から一般家庭に電気供給は可能ですか?また車内でAC100V使用は可能ですか?

一般家庭への電源供給はできません。
また、車内でのAC100Vコンセントは備わっておりません。12VシガーソケットとUSB端子のみになります。

ワイヤレス充電の可能性はありますか?

いいえ、現在のところ、Audi e-tronはワイヤレスで充電できません。

すでに200Vコンセントが自宅にある場合でも、別回線が必要になりますか?

経産省が規定する充電のガイドラインは、耐抜差性能が高いEV専用コンセント及び充電用の専用回線が必要と規定しています。専用回線を引かない場合、容易にブレーカーが落ちる、または熱を発生させる可能性があります。

バッテリーを充電中、補助エアコンは作動しますか?

バッテリーの充電中でも、充電タイマーを使用して車内のエアコンを操作することが可能です。エアコンの出力は、電源コネクションの性能に依存します。

充電プロセス中に充電状態は更新されますか?

充電中に、充電状態、残りの充電時間、残りの走行可能距離が更新されます。myAudiポータルでビューを更新するとすぐに、更新されたデータが表示されます。myAudiアプリでデータを開くか、車両がデータを送信すると、データが自動的に更新されます。

myAudi経由で充電プロセスを停止できますか?

いいえ、即時充電と遅延充電の切り替えのみ可能です。出発タイマーがかなり先の日程となっている場合、充電は一時停止されます。

充電ケーブル接続時のロックはドアロックと連動されるのでしょうか?

充電ケーブルはドアロックに連動されません。(ケーブルのロック解除方法は、AC充電とDC充電で異なる)充電ソケットのフラップはドアロックに連動しているが、鍵を持っている人がフラップの近くに居るとフラップの開閉が可能です。

充電コネクターの接続を遮断できない場合、どうすれば充電ステーションから車両の接続を外すことができますか?

普通充電器(AC充電)の場合は、車両の充電ソケット付近にあるエマージェンシーロック解除ケーブルを引くことにより解除できます。急速充電器(DC充電)の場合は、充電器の管理会社へご連絡ください。

バッテリーの生産に使用されるエネルギーには、再生可能エネルギー源を使用されているのですか?

Audi e-tronバッテリーの組み立てが行われるブリュッセル工場は、Audi e-tronの生産に合わせて全面的な近代化が図られました。カーボンニュートラルとして認定されたプレミアムセグメントの世界初の大規模生産工場です。Audiブリュッセルは、製造中および工場で発生するすべての排出物を再生可能エネルギー(約95%)に転換するか、環境プロジェクト(約5%)で相殺します。
さらに、将来的には、バッテリーセルのサプライヤーに対して、セル生産において再生可能エネルギーを使用するよう求めていく予定です。Audi e-tronのセル生産における再生可能エネルギーの活用は、すでに始まっています。CO2は、将来の供給契約の重要な部分になります。

e-tronの充電料金はいくらくらいですか?

Audiではe-tronのオーナー様向けに、分かりやすく変動のない月額プランをご用意しております。詳細はe-tron Charging Serviceのプラン情報ページをご確認ください。

e-tron Charging Serviceの充電プランを見る

e-tron Charging Serviceの充電カードを使用しない場合、充電時間にもよると思いますが一回の充電で費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

株式会社e-Mobility Power提携の充電ステーションで充電する場合、急速充電は利用時間1~5分まで250円、以降50円/分です。
普通充電は利用時間1~15分まで120円、以降8円/分です。また、e-tron Charging Serviceの充電カードを使用しない場合、充電する度に登録をする必要があり、その登録に10分ほどかかると言われています。

3kwで自宅で充電した場合1か月の電気代はどのくらいになりますか?

個々の状況により大きく変わるため、一概にお答えすることはできませんが、
1例として月に1,000km使用した場合の6,603円をご案内致します。

仮に東京電力エナジーパートナーの「従量電灯C」プランを使用した場合の想定される一例として以下に記載致します。
なお、金額はあくまでも概算になります。
計算を簡単にするために満充電時に400km走行可能、1回に100kmを10回運転し、3kWのケーブルで充電するケースと仮定します。
容量の4分の1を充電するため、充電する容量は86.5kWh x 25% = 21.6kWhです。
10日間、21.6kWh充電するので、21.6kWh x 10日 = 216kWhです。
仮に東京電力の「従量電灯C」プランの1kWh当たりの単価30.57円*を用いて想定すると、
216kWh x 30.57円/kWh = 6,603円になります。
使用状況、電気料金の契約形態等により試算は大きく異なるため、あくまで1例としてご確認ください。
また、電気料金の契約形態により夜間電力の利用などによりさらに費用を抑えることも可能です。

*2022年2月時点

ガソリン車と比べて安くなりますか?

本質問も上記と同じく一概にお答えするのは難しいですが、
1例として、Q7 55 TFSI quattro、月に1,000km走行の事例と上記自宅での充電を比較しご案内致します。
WLTCモードで1Lあたり9.3kmの走行となりますので、1か月あたり必要なガソリン容量は107.5Lとなります。ハイオクガソリンの単価を146円と想定すると15,695円となります。
上記自宅での充電のケース、6,603円と比較した場合、一か月あたり、9,092円費用が抑えられます。上記想定は、充電方法、比較車種などの条件により異なります。
また、ガソリン車の燃費やガソリン単価など諸条件を変更した場合のコスト計算については、e-tron Webサイト内のシミュレーターで試算することもできます。

年間コストシミュレーターを見る

エコカー減税は適応されますか?

Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback S / e-tron GT quattro / RS e-tron GTはエコカー減税の対象車です。各e-tronモデルの補助金・税制優遇の金額は、下記「購入サポート」ページ内の「補助金・税制優遇」の項目にてご案内しております。

「補助金・税制優遇」の一覧を見る

サポカー補助金は利用できますか?

Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback S / e-tron GT quattro / RS e-tron GTはサポカー補助金の対象車です。各e-tronモデルの補助金・税制優遇の金額は、下記「購入サポート」ページ内の「補助金・税制優遇」の項目にてご案内しております。

「補助金・税制優遇」の一覧を見る

充電設備設置にあたって補助金などの制度は活用できますか?

充電器のタイプや地域ごと地方自治体ごとによって制度は異なるため、詳細は下記の一般社団法人「次世代自動車振興センター」のホームページなどをご確認ください。

「地方自治体の補助制度・融資制度・税制特例措置」を見る

CEV補助金とは何ですか?

電気自動車やPHV(プラグインハイブリッド自動車)などの、CEV(Clean Energy Vehicle:クリーンエネルギー自動車)を購入した場合、国・自治体から補助金の交付を受けることができる制度です。Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback S / e-tron GT quattro / RS e-tron GTも対象車種です。詳細は下記の一般社団法人「次世代自動車振興センター」のホームページなどをご確認ください。
また、各e-tronモデルの補助金・税制優遇の金額は、下記「購入サポート」ページ内の「補助金・税制優遇」の項目にてご案内しております。

「地方自治体の補助制度・融資制度・税制特例措置」を見る
「補助金・税制優遇」の一覧を見る

電気自動車は、どのようにして動くのですか?

基本的にはバッテリー式電気自動車は、バッテリーパックに蓄えられている電気を使用して、電気モーターに電力を供給し、ホイールを回転させます。

なぜ電気自動車は、停車状態から素早く発進できるのですか?

電気モーターでは、運動の初期から最大トルクが発生するからです。

e-tronの航続距離はどのくらいですか?

各e-tronモデルの一充電走行距離(WLTCモード)*は下記のとおりです。
・Audi e-tron 50 quattro:335km
・Audi e-tron 50 quattro S line:335km
・Audi e-tron 55 quattro S line:423km
・Audi e-tron Sportback 50 quattro S line:335km
・Audi e-tron Sportback 55 quattro S line:423km
・Audi e-tron Sportback 55 quattro 1st edition:405km
・Audi e-tron S:415km
・Audi e-tron Sportback S:415km
・Audi e-tron GT quattro:534km
・Audi RS e-tron GT:534km
・Audi Q4 40 e-tron:※国土交通省の認可後、ご案内いたします。
・Audi Q4 Sportback 40 e-tron:※国土交通省の認可後、ご案内いたします。
・Audi Q4 Sportback e-tron 1st edition:※国土交通省の認可後、ご案内いたします。

*数値は国土交通省審査値(WLTCモード)。一充電走行距離は、定められた試験条件での値です。実際の走行時には、お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて交流電力量消費率、一充電走行距離は大きく異なります。

実際の走行可能距離が、一充電走行距離よりも短くなることはありますか?

まず、「一充電走行距離」は定められた試験条件での国土交通省審査値であり、主に4つのモード(試験条件)での値があります。

・WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
・市街地モード :信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定
・郊外モード :信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定
・高速道路モード:高速道路等での走行を想定

一方、実際の走行可能距離は、お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)などの条件に応じて変動するため、一充電走行距離とは大きく異なってきます。

e-tronの加速性能はどの程度ですか?

自社測定値での、各モデルの0-100 km/h加速(ブーストによるピーク電気出力時)は下記のとおりです。
・Audi e-tron 50 / e-tron Sportback 50:7.0秒
・Audi e-tron 55 / e-tron Sportback 55:5.7秒
・Audi e-tron S / e-tron Sportback S:4.5秒
・Audi e-tron GT quattro:4.1秒
・Audi RS e-tron GT:3.3秒
・Audi Q4 e-tron 40 / Q4 Sportback 40 e-tron:8.5秒
なお、加速の数値は、ホイールサイズ、車両重量、温度などのさまざまなパラメーター、または道路状況や天候などの外部要因による影響を受けます。

e-tronの回生システムとは何ですか?

e-tronの革新的なエネルギー回生システムは、前後のモーターを介してエネルギーを回収する機能を備えているため、電気走行可能距離をさらに延ばす伸ばすのに貢献します。アクセルペダルを離した時、ブレーキペダルを踏んだ時の2つの場面で回生を感じることができます。

高速走行でアクセルオフにした時は、必ず回生ブレーキで減速してしまいますか?

回生ブレーキは「コースティング / 弱い回生 / 強い回生」の3段階の設定があり、通常は「コースティング」が選択されています。デフォルトで減速(回生)するわけではありません。

車両の走行可能距離に影響する要因は何ですか?

走行可能距離には、天候、重量、空力抵抗、転がり抵抗、運転スタイルなど、多くの要因が影響します。

実際の走行可能距離を伸ばすにはどうすればよいですか?

下記の項目に配慮いただくことで、実際の走行可能距離を延ばすことができます。
1.交通状況を予測し、速度に注意してください。
2.特に経済的な運転を重視したドライブセレクトの「エフィシェンシー」モードを使用してください。
3.車高設定を確認してください。Audiドライブセレクトモード「スポーツ」または「エフィシェンシー」を選択することで、車高を下げ、空力抵抗を減らすことができます。
4.余分な電装品を作動させていないか、注意してください。
5.エアコン、ラジオ、ヘッドライト、リヤウィンドウヒーターも、バッテリーからのエネルギーを消費します。
6.不要な場合は、ルーフラックなどのアクセサリーパーツを装着した状態での走行は避けてください。
7.タイヤ空気圧には、エコ設定を適用してください。
8.車両が充電ステーションに接続されている間は、プレヒート/クール機能(出発時間のプログラミング)を使用します。
9.レンジモードを使用してください(作動を制限)。

長期間車両を使用していない後(例えば10日間程度)では、航続距離に変化がありますか?

少なからず影響はありますが、一般的に、中程度の充電状態値の場合、自己放電は低いです。

メーターに表示されている走行可能距離が0kmになってから、どのくらい走行できますか?

残りの走行可能距離が100 kmになると、最初の警告が表示されます。残りの走行可能距離が50 kmになると、2回目の警告が表示されます。0 kmが表示されると、車両はすぐに停止します。
ただし、2段階のレンジ機能により、危険なエリアから脱出することは可能です。スタートリザーブは、START/STOPボタンを使用してドライブシステムを一度オフにしてから再度オンにすることでアクティブになります。その後、車両は再充電後にのみ再始動できます。

交通渋滞や長い時間モーターがオンのままだと、残りの走行可能距離に影響しますか?

停車している間は電気が流れないため、(メーターに表示されている)残りの走行可能距離には影響しません。ただし、エアコン、照明、インフォテインメントシステムだけは、オンになっていると電気を消費するため、走行可能距離に影響します。

バック走行時に音は出ますか?

リバース時はボンネット内から独特な疑似音が出ます。高い電子音ではありません。

路面の凹凸を高速で通過した場合など、車両の下側が地面と接触すると、バッテリーが損傷する可能性がありますか?

バッテリーは、アンダーボディガードとバッテリーハウジングによって保護されていますが、大きな衝撃を加えると破損する可能性があります。破損した場合は、両方のコンポーネントを交換できます。

バッテリーが水に浸かると(水深:0.5 m超)、人または環境に何らかのリスクがありますか?

状況にもよりますが、損傷を受けていなければ、バッテリーシステムは完全に密閉され、非常に厳しい漏れ防止要件を満たしているので、環境への影響は限定的です。

事故時のバッテリー火災等の懸念はありますか。

万一バッテリーが大きなダメージを追った場合に発熱することがあり、車両火災に繋がる可能性もあります。ダメージを受けたバッテリーや車両は安全な場所で適切に保管し、定期的にバッテリー温度を監視する必要があります。

床下のバッテリーは、オフロード走行や災害などの浸水時、放電、感電などの心配はありませんか?

物理的に頑丈なハウジングにバッテリーモジュールが入っていますので、通常の事故ではバッテリーにダメージは及びません。床下面からについても同様です。衝突安全性も十分にボディ構造や素材が検討されており、従来のモデル同様に安心してお乗りいただけます。

quattro®とは何ですか?

雪道や滑りやすい道路はもちろんのこと、日常の運転シーンでも安心と安全、さらにスポーティなドライビング体験を提供するAudi独自の4WDシステムです。quattro®は4WDシステムでありながら、システムの軽量化や、高効率なTFSIエンジンとの組み合わせにより、2WD車に匹敵する低燃費を実現しています。

quattro®について詳しく見る

バーチャルエクステリアミラーはどんな装備ですか?

高解像度カメラと、ラップアラウンドデザインのドアトリムに組み込まれたOLEDタッチディスプレイという新たな形態を持つエクステリアミラーです。夜間や悪天候時等でも鮮明な映像で優れた視界を実現します。

*Audi e-tron / e-tron Sportback 50 quattro S line、e-tron / e-tron Sportback 55 quattro S lineにオプション。

バーチャルエクステリアミラーは汚れたり、天候によって悪影響を受けたりすることはありますか?

カメラは小さな凹みに埋め込まれているため、雨や飛沫から十分に保護されています。さらに、自動ヒーター機能が霧や凍結からミラーを保護し、すべての天候で良好な視認性を確保します。

バーチャルエクステリアミラーは折りたたむことができますか?

バーチャルエクステリアミラーは、手動で折り畳むことができます。

バーチャルのミラーには、熱線に相当する装備は付いているのでしょうか。雪や水等の溶解は出来ますか?

バーチャルエクステリアミラーは電気的に温める機能が搭載されています。しかし、従来のミラーのように手動でヒーターをONにするものではなく、外気温、ワイパーまたはリアウインドウヒーターがONかどうかに応じて自動的に作動します。

ARヘッドアップディスプレイはどんな装備ですか?

ARヘッドアップディスプレイは運転中に必要な情報を、目前のフロントガラスに表示させることができるオプション装備です。
前方からの視線移動を抑え、情報を素早く処理することが可能。表示されたコンテンツが周囲の環境に溶け込んでいるような印象を与えます。ディスプレイの下部には速度など主要な情報を、上部にはナビゲーションや車線逸脱警告灯をフロントガラス越しの視界に映像を重ねて表示します。

*以下のモデルにMMIナビゲーション プロとしてセットオプション
Audi Q4 40 e-tron / Q4 Sportback 40 e-tron advanced、Q4 40 e-tron / Q4 Sportback 40 e-tron S line

e-tronにはタッチスクリーンがありますか?

はい。e-tronはすべてのモデルにMMIナビゲーション(タッチディスプレイ)が装備されています。
Audi e-tron / e-tron Sportback / e-tron S / e-tron Sportback Sは、上部10.1インチ、下部8.6インチのMMIタッチレスポンス付き MMIナビゲーション、Audi e-tron GT quattro / RS e-tron GTは、10.1インチのMMIナビゲーション、Audi Q4 e-tron / Q4 Sportback e-tronは、10.25インチのMMIナビゲーションが装備されています。

e-tronの標準仕様にはバーチャルコックピットが含まれていますか?

はい。Audiバーチャルコックピットは、下記モデルに標準装備されています。
・Audi e-tron / e-tron Sportback
・Audi e-tron S / e-tron Sportback S(*本モデルのみバーチャルコックピットプラス)
・Audi e-tron GT quattro / RS e-tron GT
また、下記モデルについては、「MMIナビゲーション プロ」のセットオプションとして選択可能です。
・Audi Q4 40 e-tron / Q4 Sportback 40 e-tron advanced
・Audi Q4 40 e-tron / Q4 Sportback 40 e-tron S line

Audi connectとは何ですか?

近くの充電ステーションやお望みの目的地を素早く検索したり、最新ニュースや天気予報のチェックが可能。さらに、Wi-Fiホットスポットとしても機能するので、ノートパソコンやタブレットなどのモバイル機器を接続することもできるサービスです。また24時間365日、専任オペレーターを介しての施設検索やホテル、レストランの予約手配が可能なAudi connect Navigatorも利用できます。

補助エアコンとは何ですか?どのように使用すればよいですか?

補助エアコンは、必要に応じて発進する前に事前に車内を冷房または暖房するため、乗車したときには、すでに車内の温度が快適なレベルに達しています。
車両が現在充電中かどうかに関係なく、MMIの車両メニューまたはmyAudiアプリを介して、プログラム設定および作動させることが可能です。すぐに起動することも、タイマー機能を選択することもできます。さらに、リモートコントロールキーで車両のロックを解除したときに、エアコンを短時間起動させることもできます。

リモートエアコンサービスのメリットは何ですか?

このサービスを使用すると、離れたところからエアコンシステムを作動させることができます。たとえば、暑い日には、ドライブを開始する前に、事前に車両を快適な室内温度まで冷房しておくことができます。myAudiアプリを使用すれば、現在の温度を表示したり、快適な温度を設定したり、エアコンを事前に作動させる出発時間をプログラムしたりできます。リモートエアコンサービスを使用するには、myAudiで登録する必要があります。ユーザー認証も必要です。

リモートエアコンサービスは,車両が充電プラグに接続されていないときでも、エアコンを使用できますか?

リモートエアコンサービスは、充電プラグを差し込まなくても作動させることができます。外部電源なしでエアコンを使うと、車両の走行可能距離が短くなる可能性があることに注意してください。

ユーザーはアプリからエアコンを停止できますか?

はい、作動中のエアコンはアプリから停止できます。

リモートエアコンサービス使用時、車両の空調にはどれくらい時間がかかりますか?

希望する室内温度に空調されるまでにかかる時間は、外気温度と設定されている目標温度によって異なります。充電プラグがソケットに接続されている場合、エアコンシステムの最大持続時間は30分です。外部電源に接続されていない場合は、最大10分間の作動が可能です。

e-tronルートプランナーでのルート計画では交通情報は考慮されますか?

ルートを計算するとき、現在の充電ステータス、現在の交通データ、ドライバーの個々の運転スタイル、および充電停止時の充電時間は、車両のMMIを介してルートを計画するときに考慮されます。

ナビゲーションのルートガイダンスが開始されると、表示される走行可能範囲が変わるのはなぜですか?

ルート設定時の走行可能範囲は、最後に走行した100 kmの運転行動に基づいています。
ナビゲーションが開始されるとすぐに、選択されたルートに基づいて正確に計算された消費データに基づいて範囲が修正されます。 地理データ(高度プロファイルなど)および現在のルート情報(渋滞など)が考慮されます。 したがって、アクティブなルートガイダンスの範囲はより正確です。

e-tronルートプランナーはオンラインデータ接続なしで機能しますか?

MMIのe-tronルートプランナーは、MMI内のデータベースのみでも機能するため、オンラインデータ接続がなくても、車両のルートプランニングは可能です。

e-tronにおけるメンテナンス上の特徴は何ですか?

エンジン付き車両との比較では、まずエンジンオイルやフィルターの交換が不要となります。ブレーキパッド、ブレーキディスクは回生ブレーキの活用により摩耗速度が遅くなり、交換が必要な時期が延びることになります。一方タイヤは、重量とトルクの増加により摩耗が早くなると予想されます。

バッテリーの修理はできますか、それともバッテリーは常にアッセンブリー交換ですか?

バッテリーは修理できます。バッテリーのアッセンブリー交換は、例外的な場合だけです。詳細については、e-tronディーラー(Audi正規ディーラー)にお問い合わせください。

e-tronディーラーを探す

一般的なガソリン車の10年10万kmを目安にした場合、耐用年数または距離にどれくらいの違いが出るのでしょうか?

バッテリーのワランティ(保証)期間が8年160,000kmになりますので、通常の使い方であれば、バッテリーの耐用年数は従来のクルマと変わらないライフタイムと言えます。10~20年と長く乗って頂く場合はバッテリー交換が必要になることがあります。

バッテリー内のどのコンポーネントに不具合があるか確認することはできますか?可能な場合、それらは個別に交換できますか、またはバッテリーをアッセンブリーで交換しなければなりませんか?

はい、正確な診断が可能です。通常、バッテリーをアッセンブリー交換する必要はありません。専門のトレーニングを受けたスタッフであれば、バッテリーを修理することは可能です。

Audiが用意しているバッテリーの保証期間は?

Audiは、新車のバッテリーに対して8年間または160,000km(いずれか早い方)の保証を提供します。
詳細につきましては、e-tronディーラー(Audi正規ディーラー)へお問い合わせください。

e-tronディーラーを探す

「バッテリーの保証」では何が保証されますか?

材料または製造上のすべての不具合について(不適切な使用等を除く)、バッテリーを保証します。また、容量が過度に低下した場合(バッテリー残量が、出荷時の状態と比較して70%未満)も保証の対象です。

「バッテリーの保証」は何度でも復旧(保証)の適応できますか?

保証期間内であれば回数に制限はありません。

保証が有効になるための整備要件またはその他の条件はありますか?

バッテリーの不適切な使用、取り扱い、またはメンテナンスが原因で不具合が生じた場合、バッテリーの保証は無効になります。特に、これはバッテリーの充電に適用されます。

充電が正しくされない場合、どこに連絡すればよいですか?

充電設備のトラブルは、充電器記載の設備管理会社又は充電器メーカーのお問い合わせ先にご確認ください。電欠や車両トラブル等で走行ができない場合は、e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。

バッテリーが切れてしまった場合、どこに連絡すればよいですか?

e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。状況を確認させていただき、最寄りの急速充電スポットまでの搬送サービスなどを行います。

車両が動かなくなってしまった場合はどうすればよいですか?

e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。状況を確認させていただき、電欠の場合は最寄りの急速充電ステーションまでの搬送サービスなどを行います。また車両のトラブルの場合は最寄りのe-tron取扱店までの搬送サービスとなります。

Audi純正充電機器の操作方法が分からない場合はどうすればよいですか?

取扱説明書に操作方法の記載があります。取扱説明書を見ても操作方法が分からない場合は、e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。

充電設備の操作方法が分からない場合はどうすればよいですか?

充電設備のトラブルは、充電器記載の設備管理会社、又は充電器メーカーのお問い合わせ先にご確認ください。連絡先が不明な場合は、e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。充電器メーカーの問い合わせ先をご案内させていただきます。

充電ソケットの部分が濡れてしまいました。充電しても問題ないですか?

お近くのAudi正規ディーラーへAudi純正充電機器の故障機材をお持ち込みください。もし走行不能となった場合は、e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。最寄りのe-tron取扱店までの搬送サービスなどを行います。

充電ケーブルなどのAudi純正充電機器の充電機材が破損してしまった場合はどうすればよいですか?

お近くのAudi正規ディーラーへAudi純正充電機器の故障機材をお持ち込みください。もし走行不能となった場合は、e-tron Roadside Assistance(0120-504-536)にお電話ください。最寄りのe-tron取扱店までの搬送サービスなどを行います。

  • ※FAQの内容は、2022年2月時点の情報です。
  • ※記載の仕様・諸元は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。
  • ※充電時間や料金は参考値であり、使用環境や運転方法に応じて数字は異なります。
  • ※Audi e-tronについてご不明点・ご質問ある場合、LINEアプリのチャット機能にてオペレーターが対応いたします(9:00 - 18:00)。
    LINEチャットでオペレーターに問い合わせをする >

Lineup

Audi Q4 40 e-tron

5,990,000円〜

ペブルグレー
最高出力
150kW
一充電走行距離
-*

*一充電走行距離は、認可取得後公表されます。

Audi Q4 40 e-tron advanced

6,620,000円〜

ミトスブラックメタリック
ナバーラブルーメタリック
タイフーングレーメタリック
グレイシアホワイトメタリック
カイザーブルーメタリック
ペブルグレー
オーロラバイオレットメタリック
フロレットシルバーメタリック
最高出力
150kW
一充電走行距離
-*

*一充電走行距離は、認可取得後公表されます。

Audi Q4 40 e-tron S line

6,890,000円〜

ミトスブラックメタリック
ナバーラブルーメタリック
タイフーングレーメタリック
グレイシアホワイトメタリック
カイザーブルーメタリック
ペブルグレー
オーロラバイオレットメタリック
フロレットシルバーメタリック
最高出力
150kW
一充電走行距離
-*

*一充電走行距離は、認可取得後公表されます。

Audi Q4 Sportback 40 e-tron advanced

6,880,000円〜

ミトスブラックメタリック
ナバーラブルーメタリック
タイフーングレーメタリック
グレイシアホワイトメタリック
カイザーブルーメタリック
ペブルグレー
オーロラバイオレットメタリック
フロレットシルバーメタリック
最高出力
150kW
一充電走行距離
-*

*一充電走行距離は、認可取得後公表されます。

Audi Q4 Sportback 40 e-tron S line

7,160,000円〜

ミトスブラックメタリック
ナバーラブルーメタリック
タイフーングレーメタリック
グレイシアホワイトメタリック
カイザーブルーメタリック
ペブルグレー
オーロラバイオレットメタリック
フロレットシルバーメタリック
最高出力
150kW
一充電走行距離
-*

*一充電走行距離は、認可取得後公表されます。

Audi e-tron 50 quattro

9,350,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
タイフーングレー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
ギャラクシーブルー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
最高出力
230kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
335km

Audi e-tron 50 quattro S line

11,100,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
230kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
335km

Audi e-tron 55 quattro S line

12,560,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
300kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
423km

Audi e-tron Sportback 50 quattro S line

11,450,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
230kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
335km

Audi e-tron Sportback 55 quattro S line

12,910,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
300kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
423km

Audi e-tron Sportback 55 quattro 1st edition

13,270,000円〜

アンティグアブルー メタリック
ミトスブラック メタリック
グレイシアホワイト メタリック
フロレットシルバー メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
300kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
405km

Audi e-tron S

13,980,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
370kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
415km

Audi e-tron S Sportback

14,370,000円〜

ミトスブラック メタリック
ナバーラブルー メタリック
グレイシアホワイト メタリック
シャムベージュ メタリック
フロレットシルバー メタリック
カタルーニャレッド メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
370kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
415km

Audi e-tron GT quattro

13,990,000円〜

アイビスホワイト
ミトスブラック メタリック
ケモラグレー メタリック
タンゴレッド メタリック
フロレットシルバー メタリック
スズカグレー メタリック
アスカリブルー メタリック
タクティカルグリーン メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
390kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
534km

Audi RS e-tron GT

17,990,000円〜

アイビスホワイト
ミトスブラック メタリック
ケモラグレー メタリック
タンゴレッド メタリック
フロレットシルバー メタリック
スズカグレー メタリック
アスカリブルー メタリック
タクティカルグリーン メタリック
デイトナグレー パールエフェクト
最高出力(ブーストモード時)
475kW
一充電走行距離*1(WLTCモード)
534km
  • *1 数値は、国土交通省審査値。一充電走行距離は、定められた試験条件での値です。実際の走行時には、お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて大きく異なります。WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。