FAQ

カラーバリエーションはどんなものがありますか?

Audi e-tron Sportbackでは5色の車両カラー(アンティグアブルー、ミトスブラック、グレイシアホワイト、フロレットシルバー、デイトナグレー)をラインアップしております。

Audi e-tron Sportbackは何人乗りですか?

Audi e-tron Sportbackは5人乗りで、折りたたみ式のリヤベンチシート(2 + 1リヤシート)を標準装備しています。

どのくらいのラゲッジスペース(積載量)がありますか?

Audi e-tron Sportbackでは660ℓのラゲッジ容量があります。
また、テールゲートには「オートマチックテールゲート」を標準装備。両手がふさがっていてもリヤバンパーに足をかざすだけでテールゲートを開けることができ、重いスーツケースなども楽々収納。容易に荷物の積み込みができます。

電気自動車は、どのようにして動くのですか?

基本的にはバッテリー式電気自動車は、バッテリーパックに蓄えられている電気を使用して、電気モーターに電力を供給し、ホイールを回転させます。

なぜ電気自動車は、停車状態から素早く発進できるのですか?

電気モーターでは、運動の初期から最大トルクが発生するからです。

Audi e-tron Sportbackの加速性能はどの程度ですか?

自社測定値では、0~100 km/h加速は5.7秒 (ブーストによる300 kWのピーク電気出力時)。なお、加速の数値は、ホイールサイズ、車両重量、温度などのさまざまなパラメーター、または道路状況や天候などの外部要因による影響を受けます。

Audi e-tron Sportbackにブースト機能はありますか?

はい。ドライブモード「S」にあるときに、ドライバーがアクセルペダルで「キックダウン」を行うと作動します。ブーストモードでは、モーター出力が265 kWから300 kWに上昇し(つまり、561 Nmの電気トルクが664 Nm)、8秒間(フルパワー)、さらに2秒間、出力を低下させることができます。

バック走行時に音は出ますか?

リバース時はボンネット内から独特な疑似音が出ます。高い電子音ではありません。

Audi e-tron Sportbackの航続可能距離はどのくらいですか?

Audi e-tron Sportbackは、ロングドライブにも十分な400kmを超える航続性能*1があります。また、日本全国に拡がる21,700基*2の充電ステーションが、Audi e-tron Sportbackを走らせる愉しみを拡げます。
*1 数値は一充電走行距離。メーカー測定値、欧州参考値となります。一定の条件下の計算値であり、走行条件や運転条件により変動します。
*2 2020年4月現在 

想定の航続可能距離よりも短くなることはありますか?

電気自動車の航続距離は一般的に、外気温が低ければ低いほど航続距離が短くなる傾向があります。Audi e-tron Sportbackでは、標準装備されるヒートポンプにより、高電圧バッテリーの廃熱を利用してインテリアを効率的に暖房。外気温にもよりますが、これによりAudi e-tron Sportbackの航続距離を最大10%延ばすことができます。

車両の航続可能距離に影響する要因は何ですか?

走行可能距離には、天候、重量、空力抵抗、転がり抵抗、運転スタイルなど、多くの要因が影響します。

エネルギー回生システムとは何ですか?

アクセルペダルから足を離したコースティング時と、ブレーキペダルを踏んだ制動時の両方に作動し、電気モーターをジェネレーターとして機能させることで、運動エネルギーを電気エネルギーへと変換する機能です。前後の電気モーターのエネルギー回生を連続可変的に調整し、高電圧バッテリーへとチャージ。高効率なパフォーマンスで思う存分、ロングドライブを愉しめます。

回生システムはどのように作動するのですか?

手動および自動の両方の回生が可能です。
1.自動回生を選択した場合、電動ブレーキサーボが、要求されたブレーキ力を電動モーターとディスクブレーキの間で状況に応じて自動的に調整しながら使い分けます。
2.手動回生を選択した場合は、回生によるブレーキ効果を手動で制御できます。ステアリングホイールのパドルレバーで選択できる回生レベルは、3段階です。左のパドルレバーを引くと、回生のブレーキ効果が増加し、右のパドルレバーを引くと減少します。

路面の凹凸を高速で通過した場合など、車両の下側が地面と接触すると、バッテリーが損傷する可能性がありますか?

バッテリーは、アンダーボディガードとバッテリーハウジングによって保護されていますが、大きな衝撃を加えると破損する可能性があります。破損している場合は、両方のコンポーネントを交換できます。

事故時のバッテリー火災等の懸念はありますか。

万一バッテリーが大きなダメージを追った場合に発熱することがあり、車両火災に繋がる可能性もあります。ダメージを受けたバッテリーや車両は安全な場所で適切に保管し、定期的にバッテリー温度を監視する必要があります。

バーチャルエクステリアミラーはどんな装備ですか?

高解像度カメラとラップアラウンドデザインのドアトリムに組み込まれたOLEDタッチディスプレイという新たな形態を持つエクステリアミラーです。夜間や悪天候時等でも鮮明な映像で優れた視界を実現します。

quattroとは何ですか?

雪道や滑りやすい道路はもちろんのこと、日常の運転シーンでも安心と安全、さらにスポーティなドライビング体験を提供するAudi独自の4WDシステムです。quattroは4WDシステムでありながら、システムの軽量化や、高効率なTFSIエンジンとの組み合わせにより、2WD車に匹敵する低燃費を実現しています。

quattroについてさらに詳しく見る

Audi e-tron Sportbackの標準仕様にはバーチャルコックピットが含まれていますか?

はい。Audiバーチャルコックピットは、Audi e-tron Sportbackに標準装備されています。

Audi e-tron Sportbackにはタッチスクリーンがありますか?

はい。Audi e-tron Sportbackは、MMIタッチレスポンスが装備されています。上部に10.1インチ、下部に8.6インチのタッチディスプレイがあります。

充電設備設置にあたって補助金などの制度は活用できますか?

地域ごと地方自治体ごとによって制度は異なるため、詳細は下記の一般社団法人「次世代自動車振興センター」のホームページなどをご確認ください。

「地方自治体の補助制度・融資制度・税制特例措置」を見る

CEV補助金とは何ですか?

電気自動車やPHV(プラグインハイブリッド自動車)などの、CEV(Clean Energy Vehicle:クリーンエネルギー自動車)を購入した場合、国・自治体から補助金の交付を受けることができる制度です。Audi e-tron Sportbackも対象車種です。詳細は下記の一般社団法人「次世代自動車振興センター」のホームページなどをご確認ください。

「地方自治体の補助制度・融資制度・税制特例措置」を見る

myAudiとは何ですか?

スマートフォンからいつでも素早く、現在の充電状態や残りの走行距離、平均電力消費量など走行に関する情報を車両に関するデータを呼び出すことができるアプリケーションサービスです。さらにリモートで充電の設定を行えたり、エアコンディショナーや車両ドアの開閉も、遠隔操作することが可能。アプリを使用して快適にドライブを計画し、目的地やルートを車両に直接送信することもできます。

Audi connectとは何ですか?

近くの充電ステーションやお望みの目的地を素早く検索したり、最新ニュースや天気予報のチェックが可能。さらに、Wi-Fiホットスポットとしても機能するので、ノートパソコンやタブレットなどのモバイル機器を接続することもできるサービスです。また24時間365日、専任オペレーターを介しての施設検索やホテル、レストランの予約手配が可能なAudi connect Navigatorも利用できます。

Audi connectを詳しく見る

Audi e-tron Sportbackの取扱店はどこにありますか?

e-tronは一部のAudi正規ディーラーでお取り扱いを行っております。詳しくはディーラー検索ページをご確認ください。

e-tronディーラーを探す

バッテリーの寿命、交換・メンテナンスタイミングはどれくらいですか?

Audi e-tron Sportbackの高電圧バッテリーには、新車保証の一つとして「高電圧バッテリーの保証」を標準で付与しております。新車納車日より8年間、もしくは走行距離160,000kmまでの期間中に、正しく充放電できなくなったり充電容量が70%を下回ったりした場合、無償で修理を行っております。

Audi e-tron Sportbackにおけるメンテナンス上の特徴は何ですか?

エンジン付き車両との比較では、まずエンジンオイルやフィルターの交換が不要となります。ブレーキパッド、ブレーキディスクは回生ブレーキの活用により摩耗速度が遅くなり、交換が必要な時期が延びることになります。一方タイヤは、重量とトルクの増加により摩耗が早くなると予想されます。

Back to TOP